バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。株式投資、経済、MBA関連、時事ネタなど、ゆるーく追っていきます。

MENU

【包囲網】バイデンのG-7税提案

米国とEUが政治的に接近しています。

GAFAの収益にはマイナスになりそうです。 

 

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・アイルランドのような米国の大手ハイテク企業が本社を置いている国でさえ、多くのヨーロッパの当局者は長い間、課税への共同アプローチを求めてきました。


・EU 27 か国の内部格差を是正するためには、国際的な環境に共通の課税方法を見つけることが最善の結果であるという議論がありました。


・ジョー・バイデン大統領は現在、そのような政策に希望を与えています。

 

President Joe Biden has now given hope to such a policy, supporting a global minimum corporate tax rate of 15%.

ジョー・バイデン大統領は現在、そのような政策に希望を与えており、世界の最低法人税率15%を支持している.

 

“Take any issue that is a problem from Washington’s point of view when it comes to China: currency, intellectual property, the origins of the pandemic, behavior in the South China Sea, Xinjiang. ... All of these are important to various degrees to Washington. And they’re important to the Europeans, too,” Jeremy Ghez, affiliate professor at H.E.C. Business School in Paris, told CNBC on Thursday.

「中国に関して言えば、ワシントンの観点から問題となる問題、つまり通貨、知的財産、パンデミックの発生源、南シナ海、Xinjiangでの行動など、あらゆる問題を取り上げてください。... これらはすべて、ワシントンにとってさまざまな程度に重要です。そして、それらはヨーロッパ人にとっても重要です」と、パリのHECビジネススクールの准教授であるジェレミー・ゲスは木曜日にCNBCに語った.

 

“Where Biden and [former President Donald] Trump may differ is on the issue of alliances. Trump felt [the Europeans] were of little help and that Europe was as bad as China when it came to trade. … Biden believes that with a broad coalition, you may be able to push China down a more constructive path. International pressure, that is pressure not coming from Washington only, could prove useful on any of these topics,” Ghez said.

バイデンと(ドナルド・トランプ前大統領の)トランプが違うところは同盟の問題だ。トランプは、[ヨーロッパ人] はほとんど役に立たず、貿易に関してはヨーロッパは中国と同じくらい悪いと感じました。… バイデン氏は、広範な連立があれば、中国をより建設的な方向に押し進めることができると考えている. 国際的な圧力、つまりワシントンだけから来るものではない圧力は、これらのトピックのいずれにも役立つ可能性がある」とゲズ氏は語った。

 

“We have to cooperate in some sectors, especially on climate change and climate transition, but at the same time we have to have a strong global agreement among us to ensure (a) level playing field on [the] economy, which is not at all granted from China and to face the challenge of the relation with China in the future,” he said, adding that the G-7 “will work together to find the right balance.”

「私たちはいくつかの分野、特に気候変動と気候変動に関して協力しなければなりませんが、同時に、(a) 経済において平等な競争条件を確保するために、私たちの間で強力な世界的合意を結ばなければなりません。すべては中国から付与され、将来的には中国との関係の課題に直面する」と述べ、G-7は「適切なバランスを見つけるために協力する」と付け加えた.

 

The EU’s relationship with China has been bumpy in recent months. Ties between the EU and China had ended 2020 on a high note, with the signing of an investment deal that would make it easier for European firms to invest and work in China where they face competition from state-funded firms.

However, the ratification of this deal has been put on hold by Europe after a diplomatic row with Beijing in March. At the time, the EU decided to impose sanctions against China for its treatment of the ethnic minority Uyghurs and Beijing retaliated by announcing counter-sanctions against members of the European Parliament.

EUの中国との関係は、ここ数カ月で不安定だ。EU と中国の関係は 2020 年に盛況のうちに終了し、国営企業との競争に直面しているヨーロッパ企業が中国に投資し、働くことを容易にする投資協定に署名した.

しかし、この協定の批准は、3 月の北京との外交問題の解決後、ヨーロッパによって保留されています。当時、EU は少数民族のウイグル人に対する中国の扱いに対して制裁を課すことを決定し、北京は欧州議会の議員に対する制裁措置を発表することで報復した。

 

Leslie Vinjamuri, director of the U.S. and Americas Programme at Chatham House, told CNBC earlier this week that the pause on the ratification was a “game changer” as it “allows for a bigger cooperation” between the EU and the U.S.

チャタムハウスの米国とアメリカプログラムのディレクターであるレスリー・ビンジャムリは、今週初めにCNBCに、批准の一時停止は「ゲームチェンジャー」であり、EUと米国の間の「より大きな協力を可能にする」と語った.

 

 日本語関連記事

G7、最低法人税率「15%以上」で一致 国際合意へ前進: 日本経済新聞

 

「中国包囲網が着々と構築しつつある」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村