バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。株式投資、経済、MBA関連、時事ネタなど、ゆるーく追っていきます。

MENU

【継続】世界的な半導体不足

世界的な半導体不足は、すべての半導体価格が同じように高騰することを意味するものではないとのこと。

www.cnbc.com

 

<KEY POINT>

・自動車メーカーは、世界的な半導体不足によって最も大きな打撃を受けていますが、  この危機はゲーム機からテレビまですべてに影響を及ぼしています。


・しかし、すべての産業や製品が同じように苦しんでいるわけではありません。実際、ナティクシスのアリシア・ガルシア・ヘレロ氏によると、特定のチップの供給が過剰になる可能性さえある.


・Garcia-Herrero 氏は、「Squawk Box Asia」に価格の細分化があると語った。

 

“Those chips that for which I am expecting overcapacity, are the kind of lower-end chips,” she told CNBC on Thursday. “This is because China is entering that part of the supply chain very quickly with huge investment.”

過剰生産能力である半導体は、ローエンドの一種です」

「これは、中国が莫大な投資を行い、サプライチェーンのその部分に非常に迅速に参入しているためです。」

 

“The lower end chips will have plummeting prices, very likely … But for the best ones — those that really are relevant for 5G and electric vehicles — we want. So these will have some inflationary consequences,” she said.

「ローエンドのチップは価格が急落する可能性が非常に高い...しかし、高品質であるチップ、つまり5Gや電気自動車に本当に関連するものについては、私たちは望んでいる. したがって、これらはインフレの結果をもたらすでしょう」

 

Amid the tech race between both giants, the U.S. last year placed restrictions on China’s biggest chipmaker Semiconductor Manufacturing International Corporation, barring it from getting advanced manufacturing gear, and making it harder to sell its finished products to companies with American ties.

As a result, some companies decided to stockpile essential chips ahead of those restrictions.

両社の技術競争が激化する中、米国は昨年、中国最大の半導体メーカーである半導体製造国際集成(半導体製造国際集成)に対して制限を課し、高度な製造装置の入手を禁じ、米国とのつながりを持つ企業に最終製品を販売することを難しくした。

その結果、一部の企業はこれらの制限に先立って必須チップを備蓄することを決定しました。

 

Garcia-Herrero said that those geopolitical risks will not go away. Both the U.S. government and the tech sector have pushed to boost the country’s semiconductor manufacturing capabilities as a hedge against this risk. While some U.S. companies design their own chips, currently the vast majority of the world’s chips are manufactured in Taiwan, South Korea and China.

“This is the problem that adds to the complications of the inflation — that the most valuable part of the supply chain in the U.S. is going to face a lot of geopolitical risks … and this is not going to change,” she said.

Garcia-Herrero 氏は、これらの地政学的リスクがなくなることはないと述べました。米国政府と技術部門は、このリスクに対するヘッジとして、国の半導体製造能力を強化することを推進してきました。一部の米国企業は独自のチップを設計していますが、現在、世界のチップの大部分は台湾、韓国、中国で製造されています。

「これは、インフレの複雑さを増す問題です。米国のサプライチェーンの最も価値のある部分が、多くの地政学的リスクに直面することになり、これは変わりません」

 

 

 

「半導体銘柄選択が必要」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村