バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

【不均衡】先進国と新興国の成長ギャップ

新興市場での債務の増​​加は、先進国との成長ギャップを広げる可能性があるようです。

www.cnbc.com

 

<KEY POINT>

・ムーディーズ・アナリティクスのチーフAPACエコノミストであるスティーブ・コクラン氏は、債務水準の上昇により、パンデミックからの景気回復において新興市場が先進国市場に遅れをとる可能性があると述べた。


・ムーディーズ・アナリティクスによる先週のレポートによると、世界の総債務は過去最高の24兆ドル増加し、国内総生産の366%という過去最高を記録しました。


・報告書によると、新興市場の全体的な債務は過去10年間で2倍以上になり、現在、世界の未払い債務の3分の1を占めています。

 

“With the pandemic, debt rose across all types ... the big increase of course was in government debt — and no surprise because of such a need to provide fiscal stimulus at the same time the tax revenues were down much across the board around the world,

パンデミックにより、債務はすべての種類で増加しました...もちろん政府債務が大幅に増加しました。財政刺激策を提供する必要があると同時に、税収が全面的に減少したため、当然のことです。

 

“The real impact, however, I think is sort of an increasing divide between developed economies and emerging markets. The debt loads rose most in emerging markets and they may have the most difficulty in terms of taking care of this debt going forward,” he added.

「しかし、本当の影響は、先進国と新興市場の間の格差が拡大していることだと思います。債務負担は新興市場で最も増加し、今後この債務を処理するという点で最も困難になる可能性があります」

 

Overall debt in emerging markets more than doubled over the past decade and now accounts for one-third of outstanding debt globally, according to the report.

報告書によると、新興市場の全体的な債務は過去10年間で2倍以上になり、現在、世界の未払い債務の3分の1を占めています。

 

“When the economy is growing quickly, the debt isn’t going to be that much of an issue,” said Cochrane.

The economist added that growth will be uneven around the world, with the U.S. and Europe likely to accelerate this summer while emerging markets “may have to wait a little bit longer.”

「経済が急速に成長しているとき、借金はそれほど問題にはならないでしょう」

エコノミストは、成長は世界中で不均衡であり、米国とヨーロッパは今年の夏に加速する可能性があり、新興市場は「もう少し待たなければならないかもしれない」と付け加えた。

 

 

 

「さて、日本は先進国か新興国か」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村