バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。株式投資、経済、MBA関連、時事ネタなど、ゆるーく追っていきます。

MENU

【続】ドイツが15%の法人最低税率を歓迎

米国の提言に対して、ドイツとしては歓迎ムードのようです。

まずは取れるところから取るということでしょうが、企業収益にはマイナスにしかなりません。

 

www.cnbc.com

 

<KEY POINT>

・米国財務省は木曜日にその計画を発表し、国際交渉は野心的であるべきだと述べた。つまり、最終的には15%を超える可能性があるということだ。


・米国の法人税率は現在21%ですが、ジョー・バイデン大統領はそれを28%に引き上げる計画を立てており、世界の他の地域ではより高い税率を望んでいます。

 

Germany has warmly welcomed a United States proposal that calls for corporations around the world to pay at least a 15% tax on their earnings.

ドイツは、世界中の企業が収益に対して少なくとも15%の税金を支払うことを求める米国の提案を温かく歓迎しました。

 

“We are happy that it looks very much like we will have a solution in the summer this year. And the new administration in the United States makes a difference because they said it is feasible to do it,” Scholz told reporters in Lisbon, Portugal.

「今年の夏に、解決策があるように見えることを嬉しく思います。そして、米国の新政権は、それが実行可能であると彼らが言ったので、違いを生む」とショルツはポルトガルのリスボンで記者団に語った。

 

 

 

 

「労働分配率下がりそう」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村