バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。株式投資、経済、MBA関連、時事ネタなど、ゆるーく追っていきます。

MENU

【Marriott】ビジネス出張とレジャー旅行の境界線が曖昧に

ワクチン接種の広がりによって、需要の高まりが予想されています。

www.cnbc.com

 

<KEY POINT>
・マリオットインターナショナルのCEOは、パンデミックによる需要減速から回復すると予想しています。


・しかし、旅行が厳密にビジネス目的である場合は「あまり明確ではない」と語った。これはマリオットにとっては良いことだ。


・旅行の目的をブレンドし、レジャーと出張を組み合わせることができます。

 

“We do think you’ll see a steady return of business,” Capuano said in an interview on “Squawk on the Street,” noting that, in mainland China, business-travel demand in March was 5% above where it was in March 2019. China’s economic recovery timeline is generally thought to be several months ahead of the U.S.

「ビジネスは着実に回復すると思います」と述べ、中国本土では、今年3月の出張需要が2019年3月の需要を5%上回ったと述べました。 中国の経済回復のタイムラインは、一般的に米国より数ヶ月進んでいると考えられています。

 

As more people return to the office, business travel will pick up, Capuano said. “The thing that will be interesting to watch, I think it’s going to be less clear what the trip purpose is,” he said.

より多くの人々がオフィスに戻るにつれて、出張が増えるだろうとカプアーノ氏は語った。「注目すべきことは、旅行の目的が何であるかがはっきりしないだろうと思う」と彼は言った。

 

 

「航空、ホテル株は仕込んでおくべき」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村