バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

【要約②】Berkshire Hathawayの年次総会

Berkshire Hathawayの年次総会のサマリー②です。

www.cnbc.com

 

石油業界について

Warren Buffett said he had no issue owning Chevron and expected the company to be a benefit to society in the future even as the world moves toward more renewable energy.

ウォーレン・バフェットはシェブロンを所有することに問題はなく、世界がより再生可能エネルギーに向かっているとしても、会社が将来社会に利益をもたらすことを期待していると述べた。

 

“People who are on the extreme of both sides are a little nuts. I would hate to have all hydrocarbons banned in three years. It wouldn’t work. And on the other hand, what’s happening will be adapted to over time,”

「両側の極端にいる人々は少しnuts(≒crazy)です。私は3年間ですべての炭化水素を禁止することを嫌います。それはうまくいきません。そしてその一方で、起こっていることは時間の経過とともに適応するでしょう」

 

航空株について

The airline stocks subsequently rallied following his sale and critics said it was a bad move by the legendary investor even though the long-term outlook for airlines, especially business travel, is still shaky. The government helped provide support to airlines in the pandemic and Buffett said he had no problem with that move and said the fact that he wasn’t a large shareholder in the industry may have made it more palatable for the government to help it.

航空会社の株は売却に続いて回復し、批評家は、航空会社、特に出張の長期的な見通しは依然として不安定であるにもかかわらず、伝説的な投資家による悪い動きであると述べました。政府はパンデミックの航空会社への支援を支援し、バフェットはその動きに問題はないと述べ、彼が業界の大株主ではなかったという事実は政府が支援することの口実を与えたかもしれないと述べた。

 

“An industry that was really selling for less than $100 billion lost a significant amount of money, they lost prospective earnings power...international travel’s not come back...I do not consider it a great moment in Berkshire’s history but also we’ve got more net worth than any company in the United States...I think the airline business has done better because we sold and I wish them well but I still wouldn’t want to buy the airline business.”

「実際に1,000億ドル未満で販売されていた業界は、かなりの金額を失い、将来の収益力を失いました...海外旅行は戻ってきません...バークシャーの歴史の中で素晴らしい瞬間だとは思いませんが、私たちも米国のどの会社よりも純資産が多い...航空会社は売れたのでうまくいったと思うし、うまくいけばいいのだが、それでも航空会社を買いたくない」と語った。

 

インデックス投資について

The “Oracle of Omaha” reminded the audience that none of the top 20 companies from 1989 were on today’s list. More than 30 years ago, over half of the largest companies globally were Japanese firms, including banks and industrials. The only U.S. companies on the list were Exxon, GE, Merck, IBM, American Tel & Tel and Philip Morris.

“It tells you that capitalism has worked incredibly well, especially for the capitalists ... The world can change in very, very dramatic ways,” Buffett said, adding that the best way to invest is via index funds.

「オマハのオラクル」は、1989年の上位20社のいずれも今日のリストに載っていないことを聴衆に思い出させました。30年以上前、世界最大の企業の半数以上は銀行や産業を含む日本企業でした。リストに載っている米国企業は、Exxon、GE、Merck、IBM、American Tel&Tel、PhilipMorrisだけでした。

「それは、特に資本家にとって、資本主義が信じられないほどうまく機能していることを示しています...世界は非常に劇的な方法で変化する可能性があります」とバフェットは言い、投資する最良の方法はインデックスファンドを介することです。

 

 

【見識に脱帽。そして日本企業さようなら。】


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村