バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

【CNBC】Ford CEO expects chip shortage impact to bottom in Q2

フォードモーターに関する記事です。

半導体不足のインパクトはQ2に底を打つとされています。

www.cnbc.com

 

<KEY POINT>

・世界的な半導体不足のビジネスへの影響は、第2四半期に底を打つだろう

・今年下半期の生産の回復を期待しており、2022年は素晴らしい年になるだろう。

・様々な製造業に打撃を与えた半導体不足による経済への影響は、約25億ドルになるだろう

 

The parts problem impacted about 17%, or 200,000 units, in the first quarter, Farley said. In a press release, Ford said it expects to lose about 1.1 million units of production this year due to the shortage.

部品の問題は、第1四半期に約17%、つまり20万台に影響を及ぼしました。プレスリリースで、フォードは不足のために今年約110万台の生産を失うと予想していると述べた。

 

“In the first quarter, we offset all of those production cuts in terms of incremental pricing and cost control and we did not mortgage the future to do that. We actually accelerated spending on EV,”

第1四半期において、値上げとコスト管理を行ったことにより、減産による悪影響を相殺した。また、将来を抵当に入れることはしなかった。実際にEVへの支出を加速させた。

 

Farley said that the shortage could extend into the second half of 2021, but the company is in a position to weather the pain.

ファーリー氏は、半導体不足の状況は2021年の後半にまで及ぶ可能性があると述べたが、苦痛を乗り切る立場にあるとした。


株式ランキング