バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

【時期尚早】Jim Cramer sold Bitcoin to pay his mortgage

ジム・クレイマー氏は、住宅ローンを返済するため、ビットコインのポートフォリオの半分を売却したそうです。

 

fortune.com

 

1万2000ドルだった時に購入し、6万3000ドルで売り抜けたようです。購入額は明らかではありませんが、過去のインタビューでは50万ドルと語っています。恐らくは、これ以上の額を投資していたものと思われます。

 

あくまで住宅ローンの話ですから、元本以外に少なからず金利を支払っていることを考えれば、早期に完済を目指すのは理にかなっています。しかし裏を返せば、このニュースを見て、単なる利確のためにビットコインを売却するのは時期尚早と考えています。現に、手持ち資産の”半分”を残したということは、そういうことです。やはり、グローバルでのインフレ懸念と法定通貨に対する不信感がある今、仮想通貨の筆頭であるビットコインの価値はまだまだ高まるでしょう。

 

もはや仮想通貨というカテゴリーから離れて、一つの社会運動のような様相を呈しているため、規制当局も簡単には手を出せないと思います。多少の調整局面はあるでしょうが、後から見れば単なる買い場という認識になる可能性が高いと考えています。

 

私の周りでも爆益を享受している人が多くなっています。と同時に、税金どうにかならないかといつも思いますね。コロナ禍という難しい世界だからこそ、仮想通貨のような投資活動による利益を皆で享受し、消費を促し経済を回していくことの方が優先順位が高い気がします。


株式ランキング