ジムクレイマーを追うブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

投資家がオミクロンを恐れるのではなく、忍耐強くなる必要

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・CNBCのジムクレイマーは火曜日に投資家にレッスンを提供しました。


・「それは、あなたが故意にお金を失おうとしているのでない限り、パニックが戦略ではない理由の教科書の例です」と彼は言いました。

 

 

 

On Tuesday, the broad S&P 500 rose 2.07% and now sits about 1% away from its record high. The Dow Jones Industrial Average advanced 1.4%, as all three major U.S. equity averages recorded their third positive day in four.

“I want you to use it as a reminder that, most of the time, it pays to wait for cooler heads to prevail rather than freaking out in a situation where everyone else is freaking out and lost their heads without complete information,” Cramer said.

Markets sold off sharply Nov. 26, with the Dow, S&P 500 and Nasdaq all losing more than 2% in the holiday-shortened session as investors across the globe reacted to the discovery of the Covid omicron variant. Stocks continued to be volatile the following week, and the major U.S. averages finished the five-day trading period lower.

火曜日に、幅広いS&P 500は2.07%上昇し、現在、過去最高値から約1%離れています。ダウ・ジョーンズ工業株平均は、すべての3回の主要な米国株式平均は4での第3正一日を記録して、1.4%を進めました。

「ほとんどの場合、他のすべての人が完全な情報なしで頭を失っている状況では、頭が冷たくなるのを待つのではなく、それを思い出させるために使用してほしい」とクレイマー氏は述べた。 

市場は11月26日に急落し、ダウ、S&P 500、ナスダックはすべて、世界中の投資家がCovid omicronバリアントの発見に反応したため、休日の短縮セッションで2%以上下落しました。翌週の株価は引き続き変動し、米国の主要平均は5日間の取引期間をより低く終えました。

 

However, as days passed and more information on the omicron variant surfaces, Cramer said Wall Street’s worst fears of broad-based lockdowns that hurt the economy have become increasingly unlikely. That’s helped improve market sentiment, he said.

“Look, it would’ve been great if you bought stocks something near the lows—that’s what I urged you to do, actually, even if you had to hold your nose because we were simply too oversold. I was relying on technicals,” Cramer said. “But the cardinal sin here was selling stocks out of fear, rather than sitting tight out of rationality.”

しかし、日が経ち、オミクロンバリアントの表面に関する情報が増えるにつれ、経済を傷つける広範な封鎖に対するウォール街の最悪の恐れはますます起こりにくくなっているとクレイマー氏は語った。それは市場のセンチメントを改善するのに役立ったと彼は言った。

「ほら、安値の近くで株を買ったら良かったでしょう。実際、私たちが売られ過ぎだったために鼻を押さえなければならなかったとしても、そうするように私はあなたに勧めました。私はテクニカルに頼っていた」とクレイマーは語った。「しかし、ここでの大罪は、合理性からしっかりと座るのではなく、恐れから株を売ることでした。」

 

 

「少しずつ買い増しかな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

ジム・クレイマーのお気に入りの成長株

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

「マッドマネー」のホストであるジム・クレイマーは、新しいCNBC Next Generation50インデックスに含まれる彼のお気に入りの株の10を強調しました。


アマゾンとアルファベットは、インデックスで彼のお気に入りの成熟成長株の2つでした。


RobloxとAffirmは、「より高いリスク、より高い報酬」を提供する2つの株です。

 

 

 

Senior growth
Amazon

Cramer picked Amazon to be No. 1 in this group, touting its cloud-computing division, Amazon Web Services, as integral to the increasingly digital world. He also said Amazon’s highly profitable advertising business is showing favorable growth signs.
Alphabet

While Google-parent Alphabet is dominant in the lucrative online search market, Cramer said its Google Cloud unit is likely to power the company’s next leg of growth.
Tesla

The electrification of transportation is a huge theme for young people, yet the dominant U.S. player, Tesla, is still lacking “meaningful competition” in the EV market, Cramer said.
Palo Alto Networks

Cramer said cyber security firm Palo Alto Networks is perfectly positioned to benefit from the hybrid work environment, which is likely to be commonplace even after the Covid pandemic.
Apple

Cramer said he’s less focused on near-term questions focused on iPhone 13 demand and more focused on Apple’s demonstrated brand strength among millennials. The latter is an important long-term tailwind, he said.

シニアの成長

アマゾン

Cramerは、AmazonをこのグループのNo.1に選び、クラウドコンピューティング部門であるAmazon Web Servicesを、ますますデジタル化する世界に不可欠なものとして宣伝しました。彼はまた、アマゾンの非常に収益性の高い広告事業が好ましい成長の兆しを見せていると述べた。


アルファベット

グーグルの親であるアルファベットが儲かるオンライン検索市場で支配的である一方で、クレイマーはそのグーグルクラウドユニットが会社の次の成長の足を動かす可能性が高いと言った。


テスラ

輸送の電化は若者にとって大きなテーマですが、米国の支配的なプレーヤーであるテスラは、EV市場でまだ「意味のある競争」に欠けているとクレイマー氏は述べています。


パロアルトネットワークス

クレイマー氏によると、サイバーセキュリティ会社のパロアルトネットワークスは、コビッドの大流行後も一般的である可能性が高いハイブリッド作業環境の恩恵を受けるのに最適な位置にあります。


アップル

Cramer氏は、iPhone 13の需要に焦点を当てた短期的な質問にはあまり焦点を当てておらず、ミレニアル世代の間でAppleが示したブランド力に焦点を当てていると述べた。後者は重要な長期的な追い風であると彼は言った。

 

Junior growth
Roblox

Online gaming platform Roblox, which is popular among young people, has demonstrated that its pandemic-era popularity can outlast the public health crisis, Cramer said.
Etsy

The e-commerce marketplace Etsy appeals to millennials who want to support the platform’s independent sellers and have an eco-friendly mindset, Cramer said. However, investors who want a “smooth ride” should avoid Etsy shares, Cramer said. “It’s always a bumpy one.”
Airbnb

Cramer complimented Airbnb’s management and the company’s ability to stay ahead of rivals. He said Airbnb’s home-rental platform may be further aided by the Covid omicron variant if more travelers decide to eschew large hotels.
Enphase Energy

Cramer said he believes Enphase Energy is the only solar panel company worth owning for the long term.
Affirm Holdings

Affirm is a leader in the increasingly popular buy now, pay later industry, Cramer said, highlighting the company’s partnership with Amazon and its CEO, Max Levchin. He said thinks Affirm will continue to disrupt parts of the financial system

 

ジュニアの成長
Roblox

若者の間で人気のあるオンラインゲームプラットフォームRobloxは、そのパンデミック時代の人気が公衆衛生危機よりも長持ちする可能性があることを示した、とCramer氏は述べています。


Etsy

eコマースマーケットプレイスのEtsyは、プラットフォームの独立した売り手をサポートし、環境にやさしい考え方を持ちたいミレニアル世代にアピールすると、Cramer氏は述べています。ただし、「スムーズな乗り心地」を望む投資家は、Etsy株を避けるべきだとCramer氏は述べています。「それはいつもでこぼこのものです。」


Airbnb

Cramerは、Airbnbの経営陣と、ライバルに先んじる同社の能力を称賛しました。彼は、より多くの旅行者が大きなホテルを避けることを決定した場合、AirbnbのホームレンタルプラットフォームはCovidomicronバリアントによってさらに支援される可能性があると述べました。


Enphase Energy

クレイマー氏は、エンフェーズエナジーが長期的に所有する価値のある唯一のソーラーパネル会社であると信じていると述べた。

 

Affirmは、ますます人気が高まっている今すぐ購入し、後で支払う業界のリーダーであるとCramerは述べ、AmazonとそのCEOであるMaxLevchinとのパートナーシップを強調しました。彼は、Affirmが金融システムの一部を混乱させ続けると考えていると述べた。

 

 

「少しずつ買い増しかな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

株式はより多くの罰を受ける可能性

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・CNBCのジム・クレイマー氏は金曜日、来週の市場イベントは、非常に不安定な週の後、12月下旬の反発の兆候を示す可能性があると述べた。


・「マッドマネー」のホストは、「評価が制御不能になったため、さらに罰せられる可能性があると思う」と述べた。

 

 

 

 

月曜日:MongoDBとCoupa Software
MongoDB

ベルの後の2022年第3四半期の収益リリース。午後5時の電話会議
予想損失:1株あたり38セントの損失
予想収益:2億530万ドル
クーパソフトウェア

ベルの後の2022年第3四半期の収益リリース。午後4時30分の電話会議
予測EPS:3セント
予想収益:1億7,830万ドル
クレイマー氏によると、最近、マネーマネージャーがオミクロンの懸念の中でより安全な賭けのためにリスクの高い株を投棄したため、テクノロジー企業のMongoDBとCoupaSoftwareは「押しつぶされた」とのことです。「MongoDBとCoupaはまた、オミクロンの亜種について聞く予定の最も大きな週末の1つになることは間違いないが、その直後に報告しなければならないといううらやましい立場にいる」とCramer氏は述べた。

 

火曜日:SentinelOne、Toll Brothers、Stitch Fix
センチネルワン

Q3はベルの後の結果です。火曜日の午後5時(東部標準時間)の電話会議
予想損失:18セントの損失
予想収益:4960万ドル
クレイマー氏によると、サイバーセキュリティ企業のセンチネルワンは、投資家がテクノロジー株が売られすぎているかどうかを判断するための優れたテストケースだという。「株式市場のローテーションが拡大したことを除けば、明らかな理由もなく、この株がすでに76ドルから46ドルに下落しているのを見てショックを受けた」とクレイマー氏は語った。

トールブラザーズ

Q4はベルの後に発生します。水曜日午前8時30分(東部標準時間)の電話会議
予想EPS:2.48ドル
予想収益:29億ドル
ハイエンドの住宅建設業者であるトールブラザーズは、住宅ローン金利の低さ、利益率の高さ、住宅販売を押し上げるハイブリッドな職場環境など、「驚くべき数字」を上げるのに役立った追い風がいくつかあります。「トールブラザーズは、今日の予想よりも弱い仕事の報告によって傷つけられるでしょうか?私はそれを疑う」とクレイマーは言った。

ステッチ修正

Q1はベルの後に発生します。火曜日午後4時30分(東部標準時間)の電話会議
予想損失:14セントの損失
予想収益:5億7100万ドル
クレイマー氏は、スティッチフィックスはハイテク株というよりもアパレルの遊びだと主張したが、来週の収益は、スティッチフィックスと重いデジタルコンポーネントを備えた同様の株が底を打ち、再び上昇する準備ができていることを示している可能性があると述べた。

 

水曜日:UiPath、Campbell Soup、RH、GameStop
UiPath

Q3はベルの後の結果です。水曜日午後5時(東部標準時間)の電話会議
予測EPS:4セントの損失
予想収益:2億830万ドル
Cramerはまた、反復タスクの自動化を専門とするソフトウェア会社であるUiPathが、テクノロジー株の重要なテストケースであると考えています。

キャンベルスープ

Q1はベルの前に発生します。水曜日の午前8時の電話会議
予測EPS:81セント
予想売上高:22.8億ドル
「世界が終わりに近づいていると思いますか?クレイマー氏は金曜日に、キャンベルスープで、その業績は会社の経営陣への反映というよりも、減速関連の名前の先行指標であると考えていると述べた。

RH

Q3は決算後の結果です。水曜日午後5時(東部標準時間)の電話会議
予想EPS:6.62ドル
予想収益:9億8300万ドル
「CEOのゲイリー・フリードマンは長期的な見方をしていると思う」とクレイマー氏は述べ、過去には、RH株の売却はすべて「売却ではなく購入の理由であった」と付け加えた。

Gamestop

Q3はベルの後の結果です。水曜日午後5時(東部標準時間)の電話会議
予想損失:52セントの損失
予想売上高:12億ドル
Cramerは、GameStopは、会社の新しい経営陣からの「真のターンアラウンドプラン」を見たことがないという事実にもかかわらず、「ミーム株の王様」であると言います。「ここでそれを所有することを正当化することはできません。ウォールストリートベットコホートは最近の火力を使い果たしたと思います...しかし、ここには途方もない熱狂的な関心があります」とクレイマーは言いました。

 

木曜日:Broadcom、Costco、Hormel、Lululemon、Chewy
Broadcom

Q4はベルの後に発生します。木曜日午後5時ETの電話会議
予想EPS:7.74ドル
予想収益:73.6億ドル
Chipmaker Broadcomは、「一貫性のない世界で非常に一貫性があります」とCramer氏は述べています。

コストコ

Q1はベルの後に発生します。木曜日午後5時ETの電話会議
予想EPS:2.62ドル
予想収益:541億ドル
コストコは、投資家に購入の機会を提供して、大きなランが高くなった後にしばしば打撃を受けると、クレイマーは言いました。

ホーメル

Q4はベルの前の結果です。木曜日午前9時の電話会議
予測EPS:50セント
予想収益:32億2000万ドル
クレイマー氏によると、ホーメルは、賢明な経営陣の動きにもかかわらず、その高値から下がっている「試行錯誤された」名前です。

Lululemon

Q3は決算後の結果です。木曜日午後4時30分(東部標準時間)の電話会議
予想EPS:$ 1.40
予想収益:14.3億ドル
クレイマー氏は、ルルレモンが来週の木曜日に「素晴らしい」レポートを提出し、アグレッシブなプレーになると信じていると語った。

歯ごたえ

Q3は決算後の結果です。木曜日午後5時ETの電話会議
予想損失:3セントの損失
予想収益:22.1億ドル
「私もチューイーから聞きたいです」とクレイマーは言いました。「在庫を確認したオンラインペットフード小売業者は半分に削減されます。...ここでパターンを取得しますか?それはクマの市場と呼ばれています、人々:デジタル化されたものはすべて粉砕されています。」

 

金曜日:センテン

センテン

投資家会議午前8時30分(東部標準時)
クレイマー氏によると、センテンのアナリスト会議は、豊富なキャッシュフローと買い戻しという形で投資家に朗報をもたらす可能性があるという。

 

 

 

「少しずつ買い増しかな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

11月の雇用の伸びはわずか21万人の増加

www.cnbc.com

 

The U.S. economy created far fewer jobs than expected in November, before a new Covid threat created a scare that growth could slow into the winter, the Labor Department reported Friday.

Nonfarm payrolls increased by just 210,000 for the month, though the unemployment rate fell sharply to 4.2% from 4.6%, even though the labor force participation rate increased for the month to 61.8%, its highest level since March 2020.

The Dow Jones estimate was for 573,000 new jobs and a jobless level of 4.5% for an economy beset by a chronic labor shortage.

労働省は金曜日に、新たなコビッドの脅威が冬に成長が鈍化する恐れを生み出す前に、米国経済は11月に予想されたよりもはるかに少ない雇用を生み出したと報じた。

非農業部門雇用者数は月間21万人増加しましたが、失業率は4.6%から4.2%に急落しましたが、労働力率は2020年3月以来の最高水準である61.8%に増加しました。

ダウジョーンズの推定は、573,000の新規雇用と、慢性的な労働力不足に悩まされている経済の4.5%の失業率でした。

 

 

 

 

 

 

 

A more encompassing measure of unemployment that includes discouraged workers and those holding part-time jobs for economic reasons dropped even more, tumbling to 7.8% from 8.3%. The survey of households painted a more optimistic jobs picture, indicating an employment gain of 594,000 for the month.

Leisure and hospitality, which includes bars, restaurants, hotels and similar businesses, saw a gain of just 23,000 after being a leading job creator for much of the recovery.

Despite the disappointment, markets largely shrugged off the numbers, with stocks pointing to a higher open on Wall Street.

Initial jobs tallies this year have seen substantial revisions, with months showing low counts initially often bumped higher. The October and September counts were bumped up a combined 82,000 in the report released Friday.

Sectors showing the biggest gains in November included professional and business services (90,000), transportation and warehousing (50,000) and construction (31,000). Even with the holiday shopping season approaching, retail saw a decline of 20,000.

Policymakers have been watching the employment figures closely to gauge how close the economy is to a full recovery from the depths of the pandemic. The U.S. suffered its shortest but steepest recession in the early days of the Covid-19 breakout and has been on a progressive but volatile path since.

Federal Reserve officials put a new wrinkle into the picture this week when they indicated that the measures they instituted to support growth could be coming to an end sooner than expected.

In congressional testimony earlier in the week, Fed Chairman Jerome Powell said he expects the central bank’s policy committee to discuss at its meeting its month stepping up the level at which it is tapering its monthly bond purchases. Powell said he sees the unwinding to conclude “a few months” sooner than expected, a move that would open the possibility for interest rate hikes.

San Francisco Fed President Mary Daly backed up those comments in remarks Thursday, saying that inflation that is stronger and more durable than expected is creating the need to rethink policy. She said the Fed should “at least, you know, think about raising the interest rate” and accelerating the taper pace.

Daly also hinted that the summary of economic projections to be released this month, in which officials show their expectations for the future, likely will point to interest rate hikes pulled forward into 2022. Markets currently expect the Fed to enact at least two quarter-percentage-point increases next year.

就業意欲喪失者や経済的理由でパートタイムの仕事をしている労働者を含む、より包括的な失業率はさらに低下し、8.3%から7.8%に転落しました。家計の調査は、より楽観的な仕事の絵を描き、その月の雇用の増加は594,000であることを示しています。

バー、レストラン、ホテル、および同様のビジネスを含むレジャーとホスピタリティは、回復の大部分で主要な雇用創出者となった後、わずか23,000の増加を見ました。

失望にもかかわらず、市場はウォール街でより高いオープンを指している株で、大部分は数をすくめました。

今年の最初の仕事の集計では大幅な修正が行われ、最初は数が少ない月が頻繁に高くなっています。金曜日に発表されたレポートでは、10月と9月のカウントが合計82,000に増加しました。

11月に最大の増加を示したセクターには、専門およびビジネスサービス(90,000)、輸送および倉庫(50,000)、建設(31,000)が含まれます。ホリデーシーズンが近づいても、小売は2万人減少しました。

政策立案者は、パンデミックの深さからの完全な回復に経済がどれほど近いかを測定するために、雇用の数字を注意深く見守っています。米国は、Covid-19の流行の初期に最も短いが最も急な不況に見舞われ、それ以来、進歩的ではあるが不安定な道を歩んでいます。

連邦準備制度理事会は今週、成長を支援するために実施した措置が予想よりも早く終了する可能性があることを示したときに、新たなしわを付けました。

今週初めの議会の証言で、連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長は、中央銀行の政策委員会がその月の会合で、毎月の債券購入を漸減するレベルを引き上げることについて話し合うことを期待していると述べた。パウエル氏は、金利引き上げの可能性を開く動きである、予想よりも早く「数ヶ月」を結論付けるための巻き戻しを見ていると述べた。

サンフランシスコ連銀のメアリー・デイリー総裁は木曜日の発言でこれらのコメントを支持し、予想よりも強く、より耐久性のあるインフレが政策を再考する必要性を生み出していると述べた。彼女は、FRBは「少なくとも、あなたが知っているように、金利を上げることを考えるべきであり」、そして先細りのペースを加速するべきであると言いました。

デイリー氏はまた、当局が将来への期待を示している今月発表される経済予測の要約は、2022年に前倒しされた利上げを示している可能性が高いとほのめかした。市場は現在、連邦政府が少なくとも4分の2パーセントを制定すると予想している-来年はポイントが上がります。

 

 

「少しずつ買い増しかな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

掘り出し物の地下室株

クレイマーは、オミクロンの恐れが去る前に、これらの「掘り出し物の地下室株」を今すぐ購入し始めると言います。

 

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

CNBCのジム・クレイマー氏は、水曜日の投資家は、米国でCovid omicronバリアントの最初の症例が検出されたので、殴打された株をかじり始めるべきだと述べた。


「何日もの間、他の靴が落ちるのを待っていたのですが、今日はちょうどヒットしました」

 

 

 

 

ディズニー
「現在、Disneyは、omicronバリアントによって抑制されており、Disney +の加入者数は期待外れです。...この株は永遠に恐ろしいままではありません」とクレイマーは同じ日にディズニーが一株あたり142.04ドルの新鮮な52週間の安値を打ったと言いました。

それは、ディズニーが「象徴的な会社」であるためだとクレイマー氏は述べ、それを壊れた会社ではなく「壊れた株」と表現した。「あなたは本当に、彼らが何か新しいものを提供することによってディズニー+を修正することができないと私に言いたいですか?それはばかげている」と彼は言った。「彼らは何か新しいものを必要としないかもしれません—「マンダロリアン」は来年戻ってきます。」

 

PayPal
「一部の売り手は、PayPalのそれほど人気のないチャートに動機付けられていることを知っています。株価が310ドルの高値から131ポイント下がったという事実に動機付けられています」とCramer氏は述べています。「フランチャイズが崩壊した場合、それは1つのことですが、次の四半期は、PayPalがeBay関連の過去の張り出しによって圧迫される最後の時期です。繰り返しますが、それは購入です。」

 

マスターカード
にもかかわらずマスターは最近$ 8億の株式購入プログラムを後押しし、11%の配当を引き上げ、支払いプロセッサの株価はオミクロンバリアントへの国際商取引のおかげで減速の懸念によって傷つけられています。

「私はこれらの株がここで嫌われていることを知っています。Mastercardがこれらのレベルで底を打つ準備ができているとは思いませんが、数か月前よりも底にかなり近づいています」と彼は言いました。

 

ウィンリゾーツ
カジノ運営会社のシェアは、今年初めの52週間の最高値からほぼ50%減少しており、水曜日の終値の時点で時価総額は88億ドルになっています。

「(ラスベガスとマカオでの)彼らの特性を考えると、それは低すぎる」とクレイマーは言った。「この会社はMGMまたはラスベガスサンズによって簡単に買収できると思います。彼らは物性とブランドが最高のものであることを知っています。私を信じてください、インサイダーは現金に換えて喜んでいるでしょう。」

 

 

「少しずつ買い増しかな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

現金を働かせることを提案

www.cnbc.com

<記事内>

・CNBCのジム・クレイマーは、火曜日のウォール街の急落の後、長期投資家が幅広い市場で働くためにいくらかの現金を投入することを推奨しました。

・「引退のためにS&P 500インデックスファンドにいくらかのお金を貯めておくのは良い考えだとすれば、明日の朝、いくらかの資本を投入するという私の祝福があります

 

“It’s too early to buy hand over fist, but too late to sell at this point,” Cramer added.

The major U.S. equity averages slumped Tuesday as investors weighed the latest news on the newly detected Covid omicron variant, as well as Federal Reserve Chairman Jerome Powell’s comments about possibly speeding up the central bank’s reduction in asset purchases.

Cramer suggested Monday investors wait for the first omicron case to be confirmed in the U.S. before doing some buying. However, he said his roadmap has changed slightly, given how broad-based the selling was Tuesday.

“At one point today we had nine-to-one selling to buy,” Cramer said. “That’s a hallowed ratio where the late Mark Haines, a legendary CNBC anchor and good friend of mine, would always tell you that you had to do some buying.”

「握りこぶしを買うのは時期尚早ですが、現時点で売るには遅すぎます」とクレイマーは付け加えました。

火曜日、投資家が新たに検出されたCovid omicronバリアントに関する最新ニュースと、中央銀行による資産購入の削減を加速する可能性についての連邦準備理事会のジェローム・パウエル議長のコメントを検討したため、米国の主要株式平均は下落しました。

クレイマー氏は、月曜日の投資家は、米国で最初のオミクロン事件が確認されるのを待ってから購入することを提案した。しかし、火曜日の売りがいかに広範であったかを考えると、彼のロードマップはわずかに変わったと彼は言った。

「今日のある時点で、9対1の売りがありました」とCramer氏は述べています。「それは、伝説的なCNBCのアンカーであり、私の親友である故マーク・ヘインズが、あなたが何らかの購入をしなければならないといつもあなたに言う、神聖な比率です。」

 

Cramer stressed that investors should not go “too deep into this market yet,” meaning do not go all out on buying individual stocks. Instead, he said he’s advising long-term investors to put a fraction of their cash on hand to work.

“The rest needs to be put to work in stages after we start getting battered by omicron cases here in America if something really goes wrong,” he said. “I’d say call it one-quarter of your money [Wednesday], one quarter the day omicron hits our shores, and then the next half over the following few days. This is the kind of thinking I think for people with IRAs, 401(k)s, this is your chance if you haven’t done it yet.”

クレイマー氏は、投資家は「まだこの市場に深く入り込む」べきではない、つまり個々の株を買うことに全力を尽くすべきではないと強調した。代わりに、彼は長期投資家に彼らの現金の一部を手元に置いて仕事をするようにアドバイスしていると言った。

「何かが本当にうまくいかない場合、ここアメリカでオミクロンの事件に打たれ始めた後、残りは段階的に機能させる必要があります」と彼は言いました。「それをあなたのお金の4分の1 [水曜日]、オミクロンが私たちの岸にぶつかる日の4分の1、そして次の数日間で次の半分。これは、IRA、401(k)をお持ちの方にとっての考え方です。まだ行っていない場合は、これがチャンスです。」

 

 

「少しずつ買い増しかな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

パニックは投資戦略ではありません

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・CNBCのジム・クレイマー氏によると、投資家は落ち着いて製薬会社を信頼し、Covidオミクロンの亜種を打ち負かすために必要な追加のソリューションを開発する必要があるという。


・「私が科学を信頼すると言うとき、それは必ずしも...株式市場を買うことを意味するわけではありません。しかし、それは間違いなくパニックにならないことを意味します」と「マッドマネー」のホストは言いました。

 

CNBC’s Jim Cramer said Monday investors need to remain calm and trust in drug companies to develop any additional solutions needed to beat back the newly detected Covid omicron variant.

“When I say trust the science, that doesn’t necessarily mean ... buy the stock market. But it most certainly means do not panic,” the “Mad Money” host said.

“Those who panicked and sold into the maelstrom” that was Friday’s sell-off are likely already regretting it, he added, shortly after the S&P 500 rose 1.3% on Monday.

CNBCのジム・クレイマー氏は、月曜日の投資家は、新たに検出されたCovid omicronバリアントを打ち負かすために必要な追加のソリューションを開発するために、落ち着いて製薬会社を信頼する必要があると述べた。

「私が科学を信頼すると言うとき、それは必ずしも...株式市場を買うことを意味するわけではありません。しかし、それは間違いなくパニックにならないことを意味します」と「マッドマネー」のホストは言いました。

金曜日の売り切りであった「パニックに陥り、大渦に売り込まれた人々」は、月曜日にS&P 500が1.3%上昇した直後に、すでにそれを後悔している可能性が高いと彼は付け加えた。

 

 

Cramer acknowledged the omicron variant may have economic consequences and stressed the need for investors to prepare for multiple scenarios, including a slowdown that favors stocks such as Amazon.

However, at this point, Cramer said there’s no reason to make investment decisions out of fear, which he contended took place Friday when the Dow Jones Industrial Average posted its worse session since October 2020.

In addition to his faith in vaccine makers, Cramer also expressed confidence in Federal Reserve Chairman Jerome Powell to monitor the variant’s impact on the economy and to steer monetary policy accordingly.

“The last two sessions were yet another demonstration that panic is not a strategy for you. It’s not a strategy at all,” Cramer said. “Am I worried about the omicron variant? Sure, I’m not an idiot, but we’ve seen this movie before and we know how it ends.”

クレイマーは、オミクロンの変種が経済的影響を与える可能性があることを認め、投資家がアマゾンなどの株式を支持する減速を含む複数のシナリオに備える必要があることを強調しました。

しかし、現時点で、クレイマー氏は、ダウ工業株30種平均が2020年10月以来の最悪のセッションを発表した金曜日に行われたと主張し、恐れから投資決定を下す理由はないと述べた。

ワクチンメーカーへの信頼に加えて、クレイマーはまた、連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長が、この亜種の経済への影響を監視し、それに応じて金融政策を推進することへの信頼を表明しました。

「最後の2つのセッションは、パニックがあなたにとって戦略ではないことを示すもう1つのデモンストレーションでした。それはまったく戦略ではありません」とCramerは言いました。「私はオミクロンの亜種について心配していますか?確かに、私はばかではありませんが、私たちは以前にこの映画を見たことがあり、それがどのように終わるかを知っています。」

 

 

「少しずつ買い増しかな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村