ジムクレイマーを追うブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

ハーツ:テスラはすでに車の配達を開始

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

ハーツは、テスラのCEOであるイーロン・マスクが月曜日の夜、自動車メーカーが同社と契約を結んでいないとツイートしたにもかかわらず、テスラ車のレンタル車両への配送はすでに行われていると語った。


マスクは月曜日の夜、ツイッターで「まだ契約が結ばれていないことを強調したい」と述べた。


ヘルツのスポークスパーソンは、合意の具体的な詳細について話し合うことを拒否したが、同社は2022年末までに車両を提供する「計画中」のままであると述べた。

 

“As we announced last week, Hertz has made an initial order of 100,000 Tesla electric vehicles and is investing in new EV charging infrastructure across the company’s global operations,” she said in an emailed statement. “Deliveries of the Teslas already have started. We are seeing very strong early demand for Teslas in our rental fleet, which reflects market demand for Tesla vehicles.”

Shares of Hertz during trading Tuesday morning reached a new 52-week high of $46 a share, up 35%. Tesla’s stock was slightly down to less than $1,175 a share.

「先週発表したように、Hertzは10万台のテスラ電気自動車を最初に注文し、同社のグローバルな事業全体で新しいEV充電インフラストラクチャに投資しています」と彼女は電子メールで述べた。「テスラの配送はすでに始まっています。テスラ車の市場需要を反映して、レンタル車両でテスラの非常に強い初期需要が見られます。」

火曜日の朝の取引中のHertzの株価は、35%上昇し、52週間で最高値の46ドルに達した。テスラの株価はわずかに下落し、1株あたり1,175ドル未満になりました。

 

Two days after announcing the initial order of 100,000 Teslas, Hertz said it would make up to half of the cars available to Uber drivers to rent by 2023. The company said “if successful,” the program could expand to 150,000 vehicles over the next three years.

Hertz “pointed out that these ambitions could be affected by factors outside of its control, such as semiconductor chip shortages or other constraints.”

During the burgeoning coronavirus pandemic, Hertz filed for bankruptcy protection — but as travel rebounded somewhat and demand for rental vehicles picked up, investors from Knighthead Capital Management and Certares Management said they would take over the company.

ハーツは、10万テスラの最初の注文を発表してから2日後、2023年までにUberの ドライバー がレンタルできる車の最大半分を占めると述べました 。同社は、「成功すれば」、このプログラムは今後3年間で15万台に拡大する可能性があると語った。

ハーツは、「これらの野心は、半導体チップの不足やその他の制約など、制御できない要因の影響を受ける可能性があると指摘しました。」

コロナウイルスのパンデミックが急増している間、 ハーツは破産保護を申請しましたが、旅行がやや回復し、レンタカーの需要が高まったため、ナイトヘッドキャピタルマネジメントとセルタレスマネジメントの投資家は会社を買収すると述べ ました。

 

 

「また株価あがるな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

来週の相場:堅調な収益は厳しい時期を克服する

堅調な収益は、市場が歴史的に厳しい時期を克服するのに役立つ可能性があります。

 

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・金曜日のCNBCのジムクレイマーは、S&P 500が7日連続の上昇を記録した後、来週の主要な市場イベントを楽しみにしていました。


・「このバラ色の行動が来週まで持ちこたえることができるかどうかを確認する必要があります。これは歴史的に醜い売り切りを生み出す傾向がある期間です」


・「収益が堅調に推移すれば、株式市場も堅調に推移できると思います」と彼は語った。

 

月曜日:PayPal、AMCエンターテインメント。AMDとNvidiaからのイベント


PayPal

予想EPS:1.07ドル
予想収益:62億3000万ドル
クレイマー氏は、最近株式が押しつぶされたため、慈善信託のためにPayPalを所有することはこれまでのところ「災害」であると述べた。「CEOのDanSchulmanは、PayPalがeBayから最終的に分離されたため、これは厳しい四半期になるとすでに警告していますが、すでに80ポイント以上下がっており、やり過ぎのようです」とCramer氏は述べています。

 

AMCエンターテインメント

予測EPS:53セントの損失
予想収益:7億800万ドル
クレイマー氏によると、AMCは非常に熱心な個人投資家グループが所有するミーム株であるため、AMCを評価するのは難しいという。「CEOのアダム・アロンは電話で素晴らしい仕事をし、個人投資家はさらに多くを買うだろうと思う。彼は株主基盤に望むものを与える方法を知っているので、株は止まるだろう」と彼は言った。

 

AMD

クレイマー氏は、AMDのCEOであるリサ・スーが月曜日のイベントで素晴らしい話をすることを期待していると語った。「AMDは時価総額でインテルを凌駕する道を進んでいると思います。...強大な者がどのように倒れたか」と彼は言った。

 

Nvidia

月曜日から木曜日に開催される半導体会社の年次GPUテクノロジーカンファレンス
「目がくらむ準備をしてください」とCramerは言いました。

 

火曜日:Wynn Resorts、Upstart Holdings、Coinbase、DoorDash
ウィンリゾーツ


予測EPS:1.36ドルの損失
予想収益:9億4300万ドル
クレイマー氏は、マカオのゲームハブでのビジネスが本格的に回復すれば「株価は急上昇する」と信じて、ウィンリゾーツに長期滞在していると語った。「それまでは、痛み」と彼は言った。

 

アップスタートホールディングス

予想EPS:33セント
予想収益:2億1490万ドル
人工知能を使って貸し出しプロセスを近代化するフィンテック企業は、ウェルズ・ファーゴに雇われたばかりだとクレイマー氏は語った。「彼らが何をしているのかを正確に理解していないので、彼らが電話会議で何が起こっているのかを理解してくれることを願っています。」

 

Coinbase

予想EPS:1.73ドル
予想収益:15.7億ドル
「暗号通貨でのアクションは最近かなりエキサイティングなものになっているので、上昇しているにもかかわらず、Coinbaseをより高く送信する必要があります。そうは言っても、彼らは傲慢さを捨てる必要があります。彼らはチルモードに入らなければならない」とクレイマーは言った。

 

ドアダッシュ

予測EPS:10セントの損失
予想収益:99.6億ドル
クレイマー氏によると、第3四半期におけるUberのフードデリバリー事業の強さは、DoorDashの好業績の前触れである可能性があり、同社は「ドアを吹き飛ばす」ことができると示唆している。

 

水曜日:ウェンディーズ、ダッチブラザーズ、ウォルトディズニー、マスターカードのミーティング


ウェンディーズ

予測EPS:18セント
予想収益:4億7100万ドル
クレイマー氏は、お気に入りのクイックサービスレストランチェーンであるウェンディーズが、マクドナルドの最新の結果と同じくらい良い数字を報告できることを望んでいると語った。

 

ダッチブラザーズ

予測EPS:6セント
予想収益:1億2,520万ドル
オレゴンを拠点とするチェーンは、今年最もホットな新規株式公開の1つであることが証明されたとCramer氏は述べています。「これは地域から国への素晴らしい成長物語です」と彼は言いましたが、彼はまだ株式についていくつかの評価の懸念を持っていることを示唆しました。

 

ウォルトディズニー株式会社

第4四半期の結果; 水曜日午後4時30分(東部標準時間)の電話会議
予測EPS:52セント
予想収益:188億ドル
クレイマー氏は、ディズニーの報告は「大まかな」かもしれないと述べた。彼は、そのテーマパークのいくつかはフル稼働しておらず、映画のスレートは「良い、素晴らしいではない」と述べた。一方、同社の主力ストリーミングサービスであるDisney +も、「減速しているようだ」と彼は語った。

 

マスターカード

投資家会議は水曜日の東部標準時午前8時30分に始まります
同社の株は最近押しつぶされているが、Cramer氏は、Mastercardが個人消費と、今や決定的に国境を越えた旅行の再開から恩恵を受けていることを覚えておくことが重要だと述べた。

 

木曜日:タペストリーとイエティ
予測EPS:70セント
予想収益:14.4億ドル
クレイマー氏は、コーチとケイトスペードの親会社からの前向きなニュースがあれば、株価を1株あたり49.66ドルを超える52週間の最高値に押し上げるのに役立つはずだと語った。金曜日の株価は42.51ドルで引けた。

 

イエティ

予測EPS:60セント
予想収益:3億5800万ドル
クレイマー氏は、断熱マグカップとクーラーで知られる同社は、パンデミックの勝者以上のものであると信じていると語った。

 

金曜日:アストラゼネカとワービーパーカー


アストラゼネカ


予想EPS:£92.54
予想収益:70億4000万ポンド
Covidワクチンを開発した企業の中で、Cramerは、アストラゼネカよりも「揚げるのに適した魚がある」と信じていると述べました。

 

ワービーパーカー


CNBC
予想収益:1億3,310万ドル
クレイマー氏は、上場企業としての眼鏡メーカーの最初の四半期決算で、ウォービーパーカーについてもっと知りたいと熱望していると語った。

 

 

「Nvidiaに注目」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

今週の選挙結果

クレイマー氏によると、今週の選挙結果は株式にとって良いものであり、市場は上昇すると予想している。

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・ニュージャージー州とバージニア州での選挙結果は、ワシントンでの民主党員のよりリベラルな願望に対する投資家の懸念を和らげるのに役立つはずだと、CNBCのジム・クレイマー氏は木曜日に語った。


・「ウォール街が心配していなければ、株価は上昇する可能性があります。これらのレベルで売らず、次に引き戻しがあったときにもっと買う理由がもう1つあります」と「マッドマネー」のホストは語った。

 

“I’m not calling for complacency, but I am saying that, after this week’s Election Day, Wall Street no longer needs to worry about the Biden administration cracking down on big business and its beneficiaries of their profits,” the “Mad Money” host said. “And when Wall Street’s not worried, stocks can go higher — still one more reason not to sell at these levels, and to buy more the next time we get a pullback.”

In Virginia, wealthy Republican businessman Glenn Youngkin defeated Democrat Terry McAuliffe in the state’s closely watched governor’s race. Youngkin will take over for Democratic Gov. Ralph Northam, putting the GOP in charge of a state that President Joe Biden easily carried in last year’s presidential election.

「私は自己満足を求めているわけではありませんが、今週の選挙日以降、ウォール街はバイデン政権が大企業とその利益の受益者を取り締まるのを心配する必要がなくなったと言っています」「マッドマネー」ホストは言った。「そしてウォール街が心配していなければ、株価は上昇する可能性があります。これらのレベルで売らないもう1つの理由は、次に引き戻しがあったときにもっと買うためです。」

バージニア州では、裕福な共和党の実業家グレン・ヨンキンが、州の注意深く見守られている知事選挙で民主党のテリー・マコーリフを破った。ヨンキンが民主党のラルフ・ノーサム知事を引き継ぎ、昨年の大統領選挙でジョー・バイデン大統領が容易に支持した州を共和党が担当する。

 

Cramer said the strength of Republican candidates — even in cases of defeat — is likely to worry Democrats ahead of next year’s pivotal midterm elections. Democrats narrowly hold power both chambers.

The stock market has performed much better in Biden’s first year than some of the most dire predictions, Cramer acknowledged, with the S&P 500 up more than 24% year to date. Biden was sworn into office in late January.

“This is Mad Money not Mad Politics and the last thing I want to do is take sides here. But as a money guy, I can tell you that the stock market loves gridlock in Washington. It loves paralysis. It loves a government that does nothing,” Cramer explained.

The results of Tuesday’s elections, he added, likely “sealed the deal on Biden’s more left-wing policy commitments. They were already pretty much off the table, now they’re dead on arrival because the Democrats don’t want to get wiped out in next year’s midterms.”

クレイマー氏は、共和党の候補者の力は、たとえ敗北したとしても、来年の重要な中間選挙に先立って民主党を心配する可能性が高いと述べた。民主党は両院の権力を狭く保持している。

クレイマー氏は、バイデンの初年度の株式市場は、最も悲惨な予測のいくつかよりもはるかに好調であり、S&P 500はこれまでのところ24%以上上昇していると認めています。バイデンは1月下旬に就任することを誓った。

「これはマッド・ポリティクスではなくマッド・マネーです。私がしたい最後のことは、ここで味方することです。しかし、お金の男と​​して、私は株式市場がワシントンのグリッドロックを愛しているとあなたに言うことができます。麻痺が大好きです。それは何もしない政府を愛している」とクレイマーは説明した。

火曜日の選挙の結果は、おそらく「バイデンのより左翼の政策コミットメントに関する取引を封印した」と彼は付け加えた。彼らはすでにほとんどテーブルから外れていましたが、民主党員が来年の中期に全滅することを望まないため、到着時に死んでいます。」

 

 

「少しずつ買い増しかな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

メタバースから恩恵を受ける3つの株

メタバースへようこそ:その開発から報われる可能性のある3つの株

www.cnbc.com

 

 

Todd Gordon, founder of Inside Edge Capital Management, highlighted Matterport, a nearly $6 billion company that specializes in 3D capturing for industries such as real estate.

“The margins will be good. It’s a subscription-based model. Half of the revenues this year come from the subscriptions with the iOS and the Galaxy app. Management says by 2025 80% of the revenues will come from the subscription,” Gordon said Tuesday.

Matterport is expected to generate $118.4 million in revenue this year, according to FactSet. That should rise by nearly 56% in 2022.

“They have a big first-mover advantage. They’ve got almost 6 million digitized scans of buildings and infrastructures which is supposed to be 100 times the nearest competitor,” Gordon added.

Matterport went public via a SPAC in July. The shares have risen more than 50% over the past three months.

Eva Ados, chief investment strategist at ERShares, is looking to the chips space for her pick.

“We like Nvidia for many reasons. The metaverse is one additional reason. In fact, we think Nvidia will be the next trillion-dollar [stock] after Tesla,” Ados said during the same interview, referring to Tesla’s recent move above a $1 trillion market-cap milestone. Nvidia has a $660 billion market cap.

Inside Edge CapitalManagementの創設者であるToddGordonは、不動産などの業界向けの3Dキャプチャを専門とする約60億ドルの企業であるMatterportを強調しました。

「マージンは良好です。これはサブスクリプションベースのモデルです。今年の収益の半分は、iOSとGalaxyアプリのサブスクリプションによるものです。経営陣は、2025年までに収益の80%がサブスクリプションから来ると言っています」とゴードンは火曜日に言いました。

FactSetによると、Matterportは今年1億1840万ドルの収益を生み出すと予想されています。それは2022年にほぼ56%上昇するはずです。

「彼らには大きな先発者のアドバンテージがあります。建物とインフラストラクチャのデジタル化されたスキャンは約600万件あり、これは最も近い競合他社の100倍になると考えられています」とGordon氏は付け加えました。

Matterportは、7月にSPACを介して公開されました。過去3か月でシェアは50%以上上昇しました。

ERSharesのチーフ投資ストラテジストであるEvaAdosは、チップスペースを探しています。

「私たちは多くの理由でNvidiaが好きです。メタバースはもう1つの理由です。実際、NvidiaはTeslaの次の1兆ドルの[株]になると考えています」とAdosは同じインタビューで述べ、Teslaが最近1兆ドルの時価総額のマイルストーンを上回ったことに言及しました。Nvidiaの時価総額は6600億ドルです。

 

Nvidia has been the biggest winner in the chips space this year. The stock is up 102% in 2021, far exceeding the 28% gain for the SMH semiconductor ETF.

“I also like Roblox,” she said. “Most of the innovation will come from gaming. Roblox already has metaverse-like experiences. It’s a company that’s growing the most when it comes to the gaming industry – 117% growth, that’s 10 times the industry average.”

The online gaming company has been stuck in a trading range since the beginning of summer. It still trades well above its March direct-listing reference price of $45. It closed Tuesday above $79.  

Nvidiaは、今年のチップスペースで最大の勝者です。2021年の株価は102%上昇し、SMH半導体ETFの28%の上昇をはるかに上回っています。

「私もRobloxが好きです」と彼女は言いました。「イノベーションのほとんどはゲームから生まれます。Robloxはすでにメタバースのような経験をしています。ゲーム業界で最も成長している企業です。117%の成長で、業界平均の10倍です。」

オンラインゲーム会社は夏の初めから取引範囲で立ち往生しています。それはまだ3月の直接上場参照価格である45ドルをはるかに上回って取引されています。火曜日は79ドルを超えて取引を終了しました。  

 

 

「Nvidiaは少し利確した」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

FRB関連の下落は購入の機会

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

CNBCのジム・クレイマー氏は、火曜日の投資家は水曜日に連邦政府関連の市場の下落をつかむ準備をする必要があると述べた。


中央銀行のジェローム・パウエル会長は、2日間の政策会議を終えた後、水曜日の午後2時30分に記者会見を開く予定です。

 

The central bank’s chairman, Jerome Powell, is scheduled to hold a press conference at roughly 2:30 p.m. Wednesday. Investors will be looking for insights into possible adjustments to the Fed’s highly accommodative monetary policy after months of hot inflation data. Cramer suggested wealthy investors who want to see a more hawkish Fed may react negatively if Powell retains his dovish stance on inflation.

“If this market goes down tomorrow thanks to the wrath of the rich, who blame Jay Powell for nicking their [municipal bonds] and their mansions, then you need to view that as a buying opportunity and jump on the best themes,” the “Mad Money” host said Tuesday. Cramer highlighted semiconductor companies, in particular, given the ongoing shortage in the industry.

“There simply aren’t enough chips to be had, and there’s nothing the Fed can do to change that other than destroying the economy, which is a less-than-ideal solution for a Fed chief facing reappointment, or not, by the president of the United States,” Cramer said.

Cramer’s comments Tuesday came after all three major U.S. equity indexes closed at a record for the third consecutive session. Strong corporate earnings boosted sentiment on Wall Street as markets enter a seasonally strong time of the year, a fact Cramer highlighted on Monday’s show.

On Wednesday the Fed is widely expected to announce a plan to start unwinding its monthly bond-buying program. That initiative, known as quantitative easing, started last year during the coronavirus pandemic in an effort to support the sputtering economy.

The central bank is not expected to adjust interest rates from their near-zero levels, Cramer noted, even though some high-profile market participants who are worried about inflation have recently called on the Fed to do so.

“My view? The whole debate is beside the point. What Powell knows is that we’ve got shortages everywhere and they can’t be fixed by sending the economy into a tailspin. You can’t get more wheat or corn or semiconductors or oil and gas, for that matter, by raising interest rates,” Cramer said.

The central bank’s chairman, Jerome Powell, is scheduled to hold a press conference at roughly 2:30 p.m. Wednesday. Investors will be looking for insights into possible adjustments to the Fed’s highly accommodative monetary policy after months of hot inflation data. Cramer suggested wealthy investors who want to see a more hawkish Fed may react negatively if Powell retains his dovish stance on inflation.

“If this market goes down tomorrow thanks to the wrath of the rich, who blame Jay Powell for nicking their [municipal bonds] and their mansions, then you need to view that as a buying opportunity and jump on the best themes,” the “Mad Money” host said Tuesday. Cramer highlighted semiconductor companies, in particular, given the ongoing shortage in the industry.

“There simply aren’t enough chips to be had, and there’s nothing the Fed can do to change that other than destroying the economy, which is a less-than-ideal solution for a Fed chief facing reappointment, or not, by the president of the United States,” Cramer said.

Cramer’s comments Tuesday came after all three major U.S. equity indexes closed at a record for the third consecutive session. Strong corporate earnings boosted sentiment on Wall Street as markets enter a seasonally strong time of the year, a fact Cramer highlighted on Monday’s show.

On Wednesday the Fed is widely expected to announce a plan to start unwinding its monthly bond-buying program. That initiative, known as quantitative easing, started last year during the coronavirus pandemic in an effort to support the sputtering economy.

The central bank is not expected to adjust interest rates from their near-zero levels, Cramer noted, even though some high-profile market participants who are worried about inflation have recently called on the Fed to do so.

“My view? The whole debate is beside the point. What Powell knows is that we’ve got shortages everywhere and they can’t be fixed by sending the economy into a tailspin. You can’t get more wheat or corn or semiconductors or oil and gas, for that matter, by raising interest rates,” Cramer said.

中央銀行のジェローム・パウエル会長は、水曜日の午後2時30分頃に記者会見を開く予定です。投資家は、何ヶ月にもわたる熱いインフレデータの後で、FRBの非常に緩和的な金融政策に対する可能な調整についての洞察を探しています。クレイマー氏は、パウエル氏がインフレに対してハト派的な姿勢を維持している場合、よりタカ派のFRBを見たいと考えている裕福な投資家は否定的な反応を示す可能性があると示唆した。

「[地方債]と大邸宅を傷つけたことでジェイ・パウエルを非難する金持ちの怒りのおかげでこの市場が明日下がるなら、それを購入の機会と見なし、最高のテーマに飛びつく必要があります。」マッドマネー」のホストは火曜日に言った。クレイマーは、特に業界の継続的な不足を考慮して、半導体企業を強調しました。

「単に十分なチップがないだけで、それを変えるために連邦準備制度理事会ができることは、経済を破壊すること以外に何もありません。米国の」とクレイマーは言った。

火曜日のクレイマーのコメントは、3つの主要な米国株式指数すべてが3回連続のセッションの記録で終了した後に来ました。クレイマーが月曜日のショーで強調した事実は、市場が季節的に強い時期に入るにつれて、強力な企業収益がウォール街の感情を後押しした。

水曜日に、FRBは毎月の債券購入プログラムの巻き戻しを開始する計画を発表することが広く期待されています。量的緩和として知られるこのイニシアチブは、昨年、コロナウイルスのパンデミックの際に、スパッタリング経済を支援するために開始されました。

クレイマー氏は、インフレを懸念している著名な市場参加者の一部が最近FRBにそうするよう求めたにもかかわらず、中央銀行がゼロに近い水準から金利を調整することは期待されていないと述べた。

″私の見解?議論全体は論点を超えています。パウエルが知っていることは、私たちにはどこでも不足があり、経済を追い風にすることによってそれらを修正することはできないということです。金利を引き上げても、小麦やトウモロコシ、半導体、石油やガスを増やすことはできない」と述べた。

 

 

「少しずつ買い増しかな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

投資規律の必要性を強調

クレイマーは投資規律の必要性を強調し、高飛車の勝者をトリミングすることを提案します。

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・CNBCのジム・クレイマーは月曜日に、最近大きな急騰を遂げた株に近づく際に投資家が懲戒処分を受ける必要があることを強調した。


・「お願いします、覚えておかなければならないことの1つは...雄牛はお金を稼ぎ、熊はお金を稼ぎますが、豚は屠殺されます」とクレイマーは言いました。


・「マッドマネー」のホストは、彼が公益信託のNvidiaの立場をまだ整えることができていないため、彼が「少し厄介な気分になっている」ことを認めました。

 

“Admittedly, I’m feeling a little hoggish right now because the charitable trust still owns Nvidia,” the “Mad Money” host continued, referring to the Santa Clara, California-based semiconductor company. “Even though it’s among the greatest stories ever told, the stock’s had a monster run, and it’s just plain irresponsible not to take something off the table, but I haven’t been able to,” he said.

In the past five sessions alone, Nvidia shares are up up 11.6%, based on Monday’s closing price of $258.27 apiece. So far in 2021, the stock has advanced 98%, far outpacing the S&P 500′s roughly 23% gain. Nvidia is up more than 1,400% in the past five years.

Cramer has been bullish on Nvidia for years, frequently touting its long-term prospects because its chips are so central to increasingly important technologies such as artificial intelligence and machine learning.

Cramer also mentioned Tesla and Netflix as two other stocks that have soared recently, even if the fundamentals do not necessarily support moves of such magnitude. Even so, Cramer said both companies have passionate fans who appear willing to keep buying their stocks.

Tesla has jumped nearly 56% in the past month, while Netflix is up 11% over that same span.

“I know these winners seem obvious and therefore too easy. But this playbook hasn’t really worked in decades because the retail investor has been gone for so long,” Cramer said. “Of course, you don’t buy these stocks after such huge runs if you believe in any discipline whatsoever, unless it’s the discipline of gaming retail investors who keep buying the stocks of companies they love.”

「確かに、慈善信託がまだNvidiaを所有しているので、私は今少し不安を感じています」と、カリフォルニアに本拠を置く半導体会社のサンタクララに言及して、「マッドマネー」のホストは続けました。「これまでに語られた中で最も素晴らしい話の1つですが、株にはモンスターが走っていました。テーブルから何かを取り出さないのは無責任ですが、私はできませんでした」と彼は言いました。

過去5回のセッションだけでも、月曜日の終値$ 258.27に基づいて、Nvidiaの株価は11.6%上昇しています。2021年のこれまでのところ、株価は98%上昇しており、S&P 500の約23%の上昇をはるかに上回っています。Nvidiaは過去5年間で1,400%以上増加しています。

Cramerは何年もの間Nvidiaに強気であり、そのチップは人工知能や機械学習などのますます重要になるテクノロジーの中心であるため、長期的な見通しを頻繁に宣伝しています。

クレイマーはまた、ファンダメンタルズが必ずしもそのような規模の動きをサポートしていなくても、最近急上昇した他の2つの株としてテスラとネットフリックスに言及しました。それでも、クレイマー氏によると、両社には熱心なファンがいて、株を買い続けようとしているようだという。

テスラは先月56%近く急増しましたが、Netflixは同じスパンで11%増加しています。

「私は、これらの勝者が明白であり、したがって簡単すぎるように見えることを知っています。しかし、個人投資家が長い間去っていたため、このプレイブックは何十年も実際には機能していませんでした」とCramer氏は述べています。「もちろん、好きな会社の株を買い続けるのがゲームの個人投資家の規律でない限り、どんな規律も信じるなら、そのような大規模な実行の後にこれらの株を買うことはありません。

 

 

 

「少しずつ買い増しかな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

5つの主要な投資テーマ

2021年の残りのジムクレイマーの5つの止められない’投資テーマは?</p

 

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

CNBCのジム・クレイマーは月曜日に、ウォール街が2021年の残りの期間にその重みを後回しにすることを期待する5つの主要な投資テーマを提示しました。

 

「これは勝者が油そそがれる時期だと言いたいです」


Cramerの投資テーマには、電気自動車、クラウドコンピューティング、メタバースが含まれます。

 

Cramerが強調したテーマは次のとおりです。

自動車の未来


クレイマー氏は、電気自動車に関連する株と先進運転支援システムはどこにも行かないと信じていると語った。

「テスラはそれをプレイするための最も簡単な方法です。...独自の電気自動車を発売しているルシードが代わりになるかもしれないと考えたいかもしれませんが、私は本物に固執したいと思います」とクレイマーは言いました。

クレイマー氏はまた、オン・セミコンダクターは「自動車業界にとって必需品のチップメーカーとしての地位を固めた」と述べ、同社のCEO、ハセイン・エル・コーリー氏は月曜日の第3四半期決算発表で自動車会社からの需要を呼びかけたと述べた。

「私はNXPセミも好きです」とCramerは付け加えました。

 

環境
多くの企業が現在、気候変動と戦うための措置を講じることに真剣に取り組んでいるようだ、とクレイマー氏は述べ、代替エネルギーの降伏が投資の注目を集めていると述べた。

「私は水素燃料電池を大いに信じてきました...安価でクリーンな水素を製造する方法はありませんが。プラグパワーはこれらの燃料電池を製造し、その在庫は今日、9%近く急増しました」とCramer氏は述べています。「それはまだ収益の話ではなく、収益の話ですが、クリーンエネルギーの信者は年末までこれを購入し続けると確信しています。」

ソーラーパネルの前面で、CramerはEnphaseEnergyを短期的に購入する名前として呼びました。

 

メタバース
一部の人々は、いわゆるメタバースに懐疑的なままです。これは、人々がデバイスを使用して対話するデジタル世界を説明するために使用される用語です、とCramerは認めました。ただし、メタバースの将来の開発から恩恵を受ける株式(以前はFacebookとして知られていた会社であるMeta、チップデザイナーのNvidia、ビデオゲームソフトウェア会社のUnityなど)は強力な業績を上げていると彼は語った。

「このコンセプトのより良い名前を思いついたのですが、重要なのはウォール街がそれを油そそがれたことです。それで、少なくとも次の2か月間は機能します」とCramerは言いました。

 

クラウドコンピューティング
Cramer氏は、クラウドコンピューティングへのデジタル変革は引き続き完全に機能しており、Azureユニットとクラウドベースの販売およびマーケティングソフトウェアを備えたSalesforceにより、半導体企業のNvidiaやAMD、Microsoftなどに利益をもたらしていると語った。

さらに、Adobeの創造性ソフトウェアとSnowflakeのデータ分析ソフトウェアは、これらの企業を年末の受益者として位置付けているとCramer氏は述べています。

 

オイルとガス
「石油やガスの価格が下がっても、彼らはこれらの株を買うつもりです。原油が年末までに60ドル(1バレルあたり)に下がるとは思えない」と述べ、シェブロンの配当とパイオニアナチュラルリソーシズとデボンエネルギーの「変動配当と良好な成長」を指摘した。

 

 

「少しずつ買い増しかな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村