バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

購入の機会を探す時が来た

クレイマーは依然として株式に「多くのリスク」があると見ていますが、購入の機会を探す時が来たと言います。

 

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・CNBCのジム・クレイマー氏は月曜日、「厳しい」株式市場に寄与する多くのリスクがあると述べた。


・しかし、「マッドマネー」のホストは、投資家は「途中で購入の機会を探し始めることができる」と述べた。


・「しかし、私たちは途中で徐々に株を買わなければなりません。なぜなら、あなたがすべてのディップに飛び込むだけで、まあ、あなたは虐殺されるでしょうから」と彼は付け加えました。

 

Despite certain stocks getting to attractive levels, Cramer said, he warned that it remains a “tough” market. Investors are no longer conditioned to simply buy every dip after Wall Street’s robust rally from March 2020 lows, and the high price of oil is creating inflationary worries, he said.

クレイマー氏は、特定の株が魅力的な水準に達しているにもかかわらず、依然として「厳しい」市場であると警告した。2020年3月の安値からのウォール街の力強い回復の後、投資家はもはやすべてのディップを単に買うように条件付けられておらず、石油の高価格はインフレの懸念を生み出していると彼は言った。

 

There’s also been “tremendous” profit-taking in technology stocks, which is weighing on the market overall, Cramer said, and continued uncertainty around policy out of Washington and aggression from Beijing.

“Against all of these is Merck’s Covid pill. ... It’s a good start,” Cramer said, referring to the company’s oral antiviral treatment, developed with Ridgeback Biotherapeutics. The drugmakers say it reduces the risk of hospitalization or death by roughly half for patients with mild or moderate Covid cases.

“Getting Covid under control is incredibly important, even for inflation. I think as stocks come down, we could be due for an oversold bounce,” Cramer said. “Nothing like lower stock prices to make the market more attractive. Plus, if oil prices ever go down, the averages will explode higher.”

クレイマー氏によると、テクノロジー株の「途方もない」利益確定もあり、これは市場全体に重くのしかかっており、ワシントンからの政策と北京からの侵略に関する不確実性が続いている。

「これらすべてに対して、メルクのコビッドピルがあります。...それは良いスタートです」とCramerは、RidgebackBiotherapeuticsで開発された同社の経口抗ウイルス治療について言及しました。製薬会社は、軽度または中等度のCovid症例の患者の入院または死亡のリスクを約半分に減らすと述べています。

「インフレの場合でも、Covidを管理下に置くことは非常に重要です。株価が下がると、売られ過ぎのバウンスが発生する可能性があると思う」と述べた。「市場をより魅力的にするために株価を下げるようなものはありません。さらに、石油価格が下がると、平均はさらに高くなります。」

 

 

「少しずつ買い増しかな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

市場はインフレの影響に備えていない

市場はインフレの影響に備えていない、とウォートンのジェレミー・シーゲルは警告しています。

www.cnbc.com

 

Siegel warns there are serious risks tied to rising prices.

“There’s going to be pressure on the Fed to accelerate its taper process,’” he said. “I do not believe that the market is prepared for an accelerated taper.”

His cautious shift is a clear departure from his bullishness in early January. On Jan. 4 on “Trading Nation,” he correctly predicted the Dow would hit 35,000 in 2021, a 14% jump from the year’s first market open. The index hit an all-time high of 35,631.19 on August 16. On Friday, it closed at 34,326.46.

According to Siegel, the biggest threat facing Wall Street is Federal Reserve chair Jerome Powell stepping away from easy money policies much sooner than expected due to surging inflation.

“We all know that a lot of the levity of the equity market is related to the liquidity that the Fed has provided. If that’s going to be taken away faster, that also means that interest rate hikes are going to occur sooner,” he noted. “Both those things are not positives for the equity market.”

シーゲルは、価格の上昇に関連する深刻なリスクがあると警告しています。

「FRBにはテーパープロセスを加速するよう圧力がかかるだろう」と彼は述べた。「私は、市場が加速する先細りに備えているとは思わない。」

彼の慎重なシフトは、1月初旬の彼の強気からの明らかな逸脱です。1月4日の「TradingNation」で、彼はダウが2021年に35,000に達すると正しく予測しました。これは、今年の最初の市場開放から14%の上昇です。インデックスは8月16日に35,631.19の史上最高を記録しました。金曜日に、それは34,326.46で終わりました。

シーゲル氏によると、ウォール街が直面している最大の脅威は、インフレの急増により、連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長が予想よりもはるかに早く金融緩和政策から脱却することです。

「私たちは皆、株式市場の重要性の多くがFRBが提供した流動性に関連していることを知っています。それがより早く取り除かれるのであれば、それはまた、金利の引き上げがより早く起こることを意味する」と彼は述べた。「これらはどちらも株式市場にとってプラスではありません。」

 

Siegel is particularly concerned about the impact on growth stocks, particularly technology. He suggests the tech-heavy Nasdaq, which is 5% away from its record high, is set up for sharp losses.

“There will be a challenge for the long duration stocks,” said Siegel. “The tilt will be towards the value stocks.”

He sees the backdrop boding well for companies benefitting from rising rates, have pricing power and deliver dividends.

“Yield is scarce and you don’t want to lock yourself into to long-term government bonds which I think are going to suffer quite a dramatically over the next six months,” he said.

The inflationary backdrop, according to Siegel, may set-up underperformers utilities and consumer staples, known for their dividends, for a strong run.

“They may have their day in the sun finally,” said Siegel. “If you have a dividend, firms can raise their prices and historically dividends are inflation-protected. They’re not as stable, of course, as a government bond. But they have that inflation protection and a positive yield.”

Siegel is bullish on gold, too. He believes it has become relatively cheap as an inflation hedge and cites bitcoin’s popularity as a reason.

シーゲルは、成長株、特にテクノロジーへの影響を特に懸念しています。彼は、過去最高から5%離れている、ハイテクを多用するナスダックが急落する準備ができていることを示唆しています。

「長期株には課題があります」とSiegel氏は述べています。「傾斜はバリュー株に向かっているでしょう。」

彼は、金利上昇の恩恵を受け、価格決定力を持ち、配当を提供する企業にとって、背景は良い兆候だと考えています。

「利回りは乏しく、今後6か月で劇的に苦しむと思われる長期国債に縛られたくない」と彼は述べた。

シーゲル氏によると、インフレを背景に、配当で知られる不採算の公益事業や消費者の主食が好調に推移する可能性があります。

「彼らはついに太陽の下で一日を過ごすかもしれません」とSiegelは言いました。「配当金がある場合、企業は価格を上げることができ、歴史的に配当金はインフレから保護されています。もちろん、国債ほど安定していません。しかし、彼らはそのインフレ保護とプラスの利回りを持っています。」

シーゲルも金に強気です。彼はそれがインフレヘッジとして比較的安くなっていると信じており、理由としてビットコインの人気を挙げています。

 

 

「一度利確するか」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

テスラは第3四半期決算

テスラは第3四半期に241,300台の車両を納入し、予想を上回りました。

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・テスラは2021年の第3四半期に241,300台の電気自動車を納入したと同社は土曜日に語った。


・アナリストは、9月30日時点でStreetAccountがまとめた見積もりによると、この期間中にテスラが約220,900台の電気自動車を配達すると予測しました。


・テスラはレポートで、2021年9月30日までの期間に237,823台の自動車を生産したと述べた。

 

Tesla put customers through repeated, unexpected delivery delays during the quarter. In their release on Saturday, the company acknowledged the delays, blaming them on “global supply chain and logistics challenges,” then thanked customers for their patience.

テスラは、四半期中に予期せぬ配達の遅延を繰り返し顧客にもたらしました。土曜日のリリースで、同社は遅延を認め、「グローバルなサプライチェーンとロジスティクスの課題」を非難し、顧客の忍耐に感謝しました。

 

Elon Musk’s electric vehicle maker now produces cars at its Shanghai plant, and U.S. factory in Fremont, California, while continuing to produce batteries domestically with Panasonic at their sprawling facility outside of Reno, Nevada.

During the period ending September 30, 2021, Tesla began to ship some lithium iron phosphate batteries from China to be used in Model 3 vehicles made for customers in the U.S.

Tesla also temporarily suspended some operations at its vehicle assembly plant in Shanghai, where it makes cars for customers in China and Europe. The halts were attributed to a global semiconductor shortage, which has posed a challenge to Tesla all year, and plagued the entire auto industry.

イーロンマスクの電気自動車メーカーは現在、ネバダ州リノ郊外の広大な施設でパナソニックと国内でバッテリーを生産している間、上海工場とカリフォルニア州フリーモントの米国工場で自動車を生産しています。

テスラは2021年9月30日までの期間に、米国の顧客向けに製造されたモデル3車両で使用するために、中国からリン酸鉄リチウム電池の出荷を開始しました。

テスラはまた、上海の車両組立工場で一部の操業を一時的に停止し、中国とヨーロッパの顧客向けに自動車を製造しています。停止は、テスラに一年中挑戦をもたらし、自動車産業全体を悩ませてきた世界的な半導体不足に起因していました。

 

According to a June 2021 survey from Pew Research, 39% of Americans say that “the next time they purchase a vehicle, they are at least somewhat likely to seriously consider electric.” About 7% of Americans said they have already purchased a pure battery electric or hybrid-electric vehicle.

That demand is only encouraged by rising fuel costs and environmental regulations.

For example, in China, government programs make it far quicker and cheaper to get license plates for electric vehicles than internal combustion engine vehicles. The Chinese government has also offered subsidies, tax breaks and invested in charging infrastructure to encourage EV production and adoption.

Meanwhile, President Joe Biden set a voluntary target for half of all new vehicle sales in the US to be electric models by 2030-- including battery electrics, plug-in hybrids, and hydrogen fuel cell vehicles. The move is part of the Biden administration’s pledge to reduce U.S. emissions by in half by 2030.

Pew Researchによる2021年6月の調査によると、アメリカ人の39%は、「次に車を購入するとき、少なくともある程度は電気を真剣に検討する可能性が高い」と述べています。アメリカ人の約7%は、純粋なバッテリー式電気自動車またはハイブリッド電気自動車をすでに購入していると述べています。

その需要は、燃料費の上昇と環境規制によってのみ促進されます。

たとえば、中国では、政府のプログラムにより、内燃機関車よりも電気自動車のナンバープレートを取得する方がはるかに迅速かつ安価になっています。中国政府はまた、EVの生産と採用を促進するために、補助金や減税を提供し、充電インフラストラクチャに投資しています。

一方、ジョー・バイデン大統領は、米国での新車販売の半分を2030年までに電気モデルにするという自主的な目標を設定しました。これには、バッテリー電気自動車、プラグインハイブリッド車、水素燃料電池車が含まれます。この動きは、2030年までに米国の排出量を半分に削減するというバイデン政権の公約の一部です。

 

 

「ポルシェの決算はどうなるか」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

10/4週:投資家は利益確定を進める週

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

メルクの新しいコビッドピルによる肯定的な試験結果は金曜日に投資家を驚かせたが、CNBCのジムクレイマーは市場がすぐに他の場所に注目を向けると信じている。


投資家は、ペプシコやリーバイ・シュトラウスなどの企業からの財務情報を先週聞くと、クレイマーは特定の株で利益を上げる可能性があると予想しています。

 

クレイマーは金曜日の「​​マッドマネー」ショーで、「決算シーズンが中心的な舞台になりつつある」と語った。

投資家は、ペプシコやリーバイ・ストラウス&カンパニーなどの企業からの財務情報を先週聞くと、クレイマーは特定の株が売り切れる可能性があると予想しています。

「投資家が最悪の日とデルタの変種を反映する収益に再び焦点を合わせるので、来週は利益を上げることを期待しています。」

 

月曜日:インフラストラクチャ法案の更新、「ヴェノム」興行成績


「マッドマネー」のホストは、議員が主要なインフラストラクチャ刺激パッケージ、社会的支出取引を検討し、債務上限に対処しているワシントンに目を光らせています。

「月曜日に来て、私たちはメルクの抗ウイルス剤を忘れるだろうと確信している...議会がインフラストラクチャ法案を可決し、債務上限を引き上げようとしているので」とクレイマーは言った。

クレイマーはまた、「ヴェノム」からの興行成績を探しています。

「少なくともAMCのCEOであるアダム・アロンから聞いたことに基づいて、それは大ヒットになるだろう、おそらくパンデミック以来最大のヒットになるだろう」とクレイマーは語った。

 

火曜日:ペプシコの収益、ヨーロッパの経済データ
飲料大手のペプシコは火曜日の鐘の前に四半期決算を報告する予定です。

「私はかなりの数を期待していますが、運賃とサプライチェーンの問題についても心配しています」とCramer氏は述べています。「だから、驚きを与えたとしても、短命になるのではないかと心配している。」

欧州経済に関するデータも火曜日に発表される予定です。

「彼らがワクチン接種率で私たちを飛躍させて以来、私はヨーロッパではるかに建設的になりました」とホストは言いました。

 

水曜日:Levi Strauss&CoとConstellationBrandsの収益
クレイマーのお気に入りの2つの名前、デニムブランドのリーバイスストラウスアンドカンパニーとアルコール飲料会社のコンステレーションブランズは、水曜日に収益を報告する予定です。

「星座から...人々がより多く出かけ始めているので、私はいくつかの非常に良いコロナとモデロの数を期待しています。デルタが割り込んだかどうか疑問に思うが、今はデルタ後について考えなければならない」とクレイマー氏は語った。

市場はワイドレッグでルーズカットのジーンズに焦点を当てたデニムサイクルの真っ只中にあるため、ホストはリーバイ・ストラウスからの「素晴らしい」収益結果を予測しています。

「ジーンズが非常に人気になるこれらの時期には、数年ごとにキャッチします。リーバイスと一緒に提供する必要があります」とCramer氏は述べています。

 

木曜日:コナグラブランドの収益
食品会社のコナグラブランドは木曜日に四半期決算を共有する予定です。

「このパッケージ食品会社はついに犬小屋から出ることができますか?...私はそうは思いません。私は信用していません。業界はサプライチェーンに悩まされている」と述べた。

 

金曜日:9月の求人レポート
主催者は、金曜日に発表される予定の9月の非農業部門雇用者数レポートを「今月の最も重要なデータ」と呼んだ。

「経済がフルタイムで再開するのを待つ間、[連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル]がインフレのタカを寄せ付けないようにするために、ゴルディロックスの雇用数が必要です。暑すぎず、寒すぎません」とクレイマー氏は述べています。

 

 

「少しずつ買い増しかな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

中国の電力不足がなぜそんなに大事なのか

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・オーストラリアの石炭の輸入制限、炭素排出量を削減する中国の計画、および輸出の急増は、過去数週間で全国の停電に貢献しました。


・大規模な不動産業界(および関連する建設)が厳しく監視されているため、電力危機が発生しています。

 

Back in late 2020, China stopped buying coal from Australia, once the Asian giant’s largest source of imported coal. Political tensions between the two countries have escalated after Australia supported an investigation into how Beijing handled the coronavirus pandemic.

Meanwhile, historically cold weather that winter drove up demand for coal. Some cities reportedly restricted electricity use in homes and factories.

2020年後半、中国はかつてアジアの巨人の最大の輸入石炭源であったオーストラリアからの石炭の購入をやめました。オーストラリアが北京がコロナウイルスのパンデミックにどのように対処したかについての調査を支持した後、両国間の政治的緊張は高まった。

一方、歴史的に寒い冬が石炭の需要を押し上げました。一部の都市では、家庭や工場での電力使用が制限されていると報告されています。

 

As spring approached, central government authorities announced five-year targets for the country to achieve its publicly declared goal of reaching peak carbon emissions by 2030. China aims in the next five years to boost the share of non-fossil fuels to about 20% of energy consumption, up from about 15% currently.

Renewable energy falls off
But as China tried to shift to renewable energy, a severe drought hit the hydropower center of Yunnan province. Water-generated power declined year-on-year in July and August by more than 4% each month, according to the National Development and Reform Commission.

Wind-generated power has also slowed its growth, rising 7% in August from a year ago, down from 25.4% growth in July, the commission said.

春が近づくと、中央政府当局は、2030年までにピーク炭素排出量に到達するという公に宣言された目標を達成するための5年間の目標を発表しました。中国は今後5年間で、非化石燃料のシェアを現在の約15%からエネルギー消費量の約20%に引き上げることを目指しています。

しかし、中国が再生可能エネルギーへの移行を試みたため、深刻な干ばつが雲南省の水力発電センターを襲いました。国家発展改革委員会によると、水生成電力は7月と8月に前年比で毎月4%以上減少しました。

風力発電も成長を鈍化させ、8月には1年前から7%上昇し、7月の25.4%の成長から減少したと委員会は述べた。

 

In addition to extreme temperatures, factories are demanding more electricity as they rush to fill global orders for Chinese goods. Exports have surged by double digits amid the pandemic.

極端な気温に加えて、工場は中国製品の世界的な注文を満たすために急いでいるため、より多くの電力を要求しています。パンデミックの中で、輸出は二桁急増しました。

 

The drop in production has cut demand for shipping overseas, and prices for shipping to the U.S. West Coast have dropped to $9,000 per container, down from $15,000, he said, noting the declines began Sept. 24.

生産量の減少により海外への輸送需要が減少し、米国西海岸への輸送価格は15,000ドルから9,000ドルに下がったと同氏は述べ、下落は9月24日から始まったと述べた。

 

 

「海運株が一巡か」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

株式市場は「不条理に満ちている」

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

CNBCのジム・クレイマー氏は水曜日、現在、株式市場に「不条理」の兆候が複数見られると語った。


1つの例は、天然ガスの価格が本質的にテクノロジー株のパフォーマンスに影響を与える方法であると述べました。


「もちろん、リンケージがこれを弱めると、市場が完全に気を失ったのではないかと思うようになります」とクレイマー氏は述べています。

 

The “Mad Money” host said one example is the way in which the price of natural gas is, essentially, impacting the performance of technology stocks. The rising price of natural gas is playing a big part in the recent move higher in bond yields, Cramer contended, because it plays into investors’ inflation concerns. And the move higher in bond yields is making technology stocks fall out of favor on Wall Street, he said.

“Of course, when a linkage gets this attenuated it makes you wonder if the market has completely lost its mind. Do we really believe Apple’s stock should rally if natural gas falls from $6 to $5.50?” Cramer asked rhetorically. “Apple’s market capitalization might literally grow by $50 billion if natural gas breaks down below $5.50, even though there’s no direct connection. But, like it or not, that is how this market works, at least for the moment.”

「マッドマネー」ホストは、1例がする方法であることを特徴とする天然ガスの価格は、テクノロジー株のパフォーマンスに影響を与える、基本的に、です。天然ガスの価格上昇は、最近の債券利回りの上昇に大きな役割を果たしている、とクレイマーは主張した。それは投資家のインフレ懸念に影響を及ぼしているからだ。また、債券利回りの上昇により、ウォール街ではテクノロジー株が不利になっていると同氏は述べた。

 

「もちろん、リンケージがこれを弱めると、市場が完全に気を失ったのではないかと思うようになります。天然ガスが6ドルから5.50ドルに下がった場合、Appleの株価は上昇するはずだと本当に信じていますか?」クレイマーは修辞的に尋ねた。「直接的なつながりがない場合でも、天然ガスが5.50ドルを下回った場合、Appleの時価総額は文字通り500億ドル増加する可能性があります。しかし、好むと好まざるとにかかわらず、少なくとも当面は、この市場がどのように機能するかを示しています。」

 

 

「少しずつ買い増しかな」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

売りが収まるまで傍観者たれ

ジム・クレイマーは、株の売りが終わるまで、「傍観者として」現金を保持していると言います。

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・「現時点では、完全に削られたもの、またはコイルばねの可能性があるものを購入するのが安全です」と、CNBCのジム・クレイマーは月曜日に語った。


・最終的には株式市場の売却が「それ自体で正しい」と信じていると述べた。


・「物事がどのように好転するかを理解するまで、新しいお金で傍観する価値があると思います。

 

CNBC’s Jim Cramer said Tuesday he’s remaining largely cautious on the stock market until he sees tangible signs that the weakness is coming to an end.

“The sell-off will eventually right itself,” the “Mad Money” host said. “I just think it’s worth waiting on the sidelines with new money until we figure out how things can turn around, or your favorite stock gets clobbered to the point where it’s too cheap to ignore, like the brutal meltdown in Micron after the close.”

Cramer said there’s six main issues contributing to the weakness on Wall Street, including inflation that appears to be more sticky than the Federal Reserve initially projected, elevated natural gas prices and disruptions to the supply chain.

CNBCのジム・クレイマー氏は火曜日、弱さが終わりに近づいているという具体的な兆候が見られるまで、株式市場では大部分が慎重なままであると語った。

「売却は最終的にはそれ自体を正すだろう」と「マッドマネー」のホストは言った。「状況が好転するか、閉鎖後のマイクロンでの残忍なメルトダウンのように、あなたのお気に入りの株が安すぎて無視できないほどになってしまうまで、新しいお金で傍観する価値があると思います。」

クレイマー氏は、連邦準備制度理事会が当初予測したよりも粘り強いと思われるインフレ、天然ガス価格の上昇、サプライチェーンの混乱など、ウォール街の弱さの原因となっている6つの主要な問題があると述べた。

 

The other three, according to Cramer, are the coronavirus discouraging people from returning to the workforce, uncertainty around the proposed infrastructure bill in Congress and the semiconductor shortage.

“The idea that everything will continue to be awful, that all six of these dice rolls will come up snake eyes, that’s too easy. Something will go right with one of these — it almost always does,” Cramer said, after the Nasdaq Composite sank 2.8% in its worst session since March. The Dow Jones Industrial Average fell 569 points, or 1.6%, while the broad S&P 500 slumped 2%.

All three major U.S. equity indexes are firmly in the red for the month of September.

“At this point, it’s only safe to buy the stuff that’s been completely mauled or could be coiled springs,” such as these four high-growth tech stocks, Cramer said. “My charitable trust, we’re only touching stocks that have lost 10% of their value in a very short period of time. We did some buying today. We’re not selling. Why? Because we’ve got plenty of cash, and we like it when the market comes down so we can put it work.”

Despite believing the market will eventually turn around, Cramer said he understands it’s a challenging moment for some investors given the market’s persistent strength since March 2020′s pandemic-driven low.

“If you can’t take the pain, it’s not too late to sell something, but please only on a bounce, as long as you’re nimble enough to get back in at a lower level,” he said.

クレイマーによれば、他の3つは、人々が労働力に戻ることを思いとどまらせるコロナウイルス、議会で提案されているインフラストラクチャ法案に関する不確実性、および半導体の不足です。

「すべてがひどいままであり、これらのサイコロの目が6つすべて出てくるという考えは、簡単すぎます。ナスダック総合指数が3月以来の最悪のセッションで2.8%沈んだ後、クレイマー氏は、これらのいずれかで何かがうまくいくだろうと述べた。ダウジョーンズ工業平均は広いながら、569ポイント、または1.6%減少したS&P 500は2%下落しました。

9月の米国の3つの主要株価指数はすべて赤字です。

「現時点では、完全に削られたもの、またはコイルばねの可能性があるものを購入するのが安全です」と、これらの4つの高成長技術株のようにCramer氏は述べています。「私の慈善信託です。私たちは、非常に短期間で価値の10%を失った株式にのみ触れています。今日は買いました。私たちは販売していません。どうして?私たちはたくさんの現金を持っているので、市場が落ち込んだときにそれが好きなので、それを機能させることができます。」

クレイマー氏は、市場は最終的には好転すると信じているものの、2020年3月のパンデミック主導の安値以来の市場の持続的な強さを考えると、一部の投資家にとっては挑戦的な瞬間であることを理解していると述べた。

苦痛に耐えられないのなら、何かを売るのに遅すぎることはありませんが、より低いレベルに戻るのに十分機敏である限り、跳ね返ってください」と彼は言いました。

 

 

「ここで少しずつ買っておく」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村