バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。ジムクレイマーをゆるーく追っていきます。

MENU

コロナワクチン接種率が低迷

世界の一部の地域では、コロナワクチン接種率が低迷しており、専門家は心配しています。

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・コロナウイルスワクチンは、記録的な速さで米国およびヨーロッパ全体で緊急使用のために開発され、試験され、認可されました。


・しかし、西側でワクチン接種の展開が始まってから約9か月後、国全体および州全体の免疫化の推進が鈍化しました。


・一部の国や州では、大衆の広い範囲がワクチン未接種のままです。

 

This slowdown, combined with a slow uptake in some areas, is worrying experts. Particularly as many Covid preventative measures have been relaxed and cases are rising in both the U.S. and parts of Europe.

この減速は、一部の分野での取り込みの遅れと相まって、専門家を悩ませています。特に、多くのCovid予防措置が緩和され、米国とヨーロッパの一部の両方で症例が増加しています。

 

To date, 69.2% of adults in the EU are now fully vaccinated, according to the European Centre for Disease Prevention and Control (although the European Commission announced last Tuesday that it reached its goal of vaccinating 70% of the EU’s adult population).

In the U.K., 79.8% of all over-16s are fully vaccinated and in the U.S., 62% of the population over the age of 12 is fully vaccinated, according to the U.S.′ Centers for Disease Control and Prevention.

Vaccinating millions at short notice and under pressure during a public health crisis is an undeniable achievement, but as vaccination drives have progressed, they have slowed down in a number of countries, figures from Our World in Data show.

現在までに、EUの成人の69.2パーセントは、現在、完全にワクチン接種されている(が、欧州疾病予防管理センターによると、欧州委員会は、それがEUの成人人口の70%にワクチンを接種するという目標に達したことを前火曜日を発表しました)。

米国疾病管理予防センターによると、英国では16歳以上の79.8%が完全に予防接種を受けており、米国では12歳以上の人口の62%が完全に予防接種を受けています。

公衆衛生危機の際に急な通知と圧力の下で数百万人にワクチン接種することは否定できない成果ですが、ワクチン接種の推進が進むにつれて、それらは多くの国で減速しました、データの私たちの世界からの数字が示しています。

 

“The country has more work to do... particularly with 18- to 26-year-olds,” White House COVID-19 senior adviser Jeffrey Zients said in late June when it became apparent the target would be missed. “The reality is many younger Americans have felt like Covid-19 is not something that impacts them, and they’ve been less eager to get the shot.”

Likewise, in Europe, there has been a lower (and slower) uptake among young adults and, again, this has been attributed to a more relaxed attitude among young people toward Covid. They are at much less risk than older people from hospitalization and death, and the reopening of societies this summer looks to have removed the incentive to get immunized for some.

ホワイトハウスのCOVID-19上級顧問のジェフリー・ザイエンツ氏は、6月下旬に目標を達成できないことが明らかになったとき、「国にはやるべきことがもっとある...特に18歳から26歳の人たちと」と述べた。「現実には、多くの若いアメリカ人は、Covid-19は彼らに影響を与えるものではないと感じており、彼らは撃たれることにそれほど熱心ではありませんでした。

同様に、ヨーロッパでは、若年成人の取り込みが低く(そして遅く)なっており、これもまた、若者のCovidに対する態度がよりリラックスしていることに起因しています。彼らは入院や死亡による高齢者よりもはるかにリスクが低く、今年の夏に社会が再開したことで、一部の人は免疫化されるインセンティブがなくなったようです。

 

 

「ワクチン接種メリット漸減による合理的判断」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

アジア市場の動き

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・日経平均株価は2%近く上昇し、日本株がこの地域の主要市場で上昇を牽引しました。


・ロイター通信によると、タイの首相と他の数人の閣僚が週末に議会への不信任決議を生き延びた後、投資家は月曜日にタイの株式を監視する。


・金曜日に発表された米国の雇用データは予想をはるかに下回り、経済はわずか235,000のポジションを追加しました。米国市場は、月曜日のレイバーデーの休日のため休業しています。

 

Japan’s Nikkei 225 was among the biggest gainers regionally, rising 1.75% in afternoon trade. That followed its surge of 2.05% on Friday after Japanese Prime Minister Yoshihide Suga said he will not be running in the upcoming leadership election. The Topix advanced 1.24%.

Mainland Chinese stocks were higher by the afternoon as the Shanghai composite gained 1.02% and the Shenzhen component jumped 2.164%. Hong Kong’s Hang Seng index rose 0.51%.

日本の日経225は、午後の取引で1.75%上昇し、地域で最大の上昇の1つでした。日本の菅義偉首相が来たる指導者選挙に出馬しないと言った後、金曜日に2.05%の急上昇に続いた。Topixは1.24%進んだ。

上海総合指数が1.02%上昇し、深圳成分成分が2.164%上昇したため、中国本土の株価は午後までに上昇しました。香港のハンセン指数は0.51%上昇しました。

他の場所では、韓国のKospiはわずかに低く座っていました。オーストラリアでは、S&P / ASX 200は0.33%減少しました。

MSCIの日本以外のアジア太平洋株の最も広い指数は0.45%上しました。

タイでは、SETコンポジット指数は月曜日の取引で横ばいでした。これは、国の首相と他の数人の閣僚が週末に議会への不信任決議を生き延びた後に起こったとロイターは報じた。

 

Elsewhere, South Korea’s Kospi sat fractionally lower. In Australia, the S&P/ASX 200 shed 0.33%.

MSCI’s broadest index of Asia-Pacific shares outside Japan rose 0.45%.

In Thailand, the SET Composite index was flat in Monday trade. That came after the country’s prime minister and several other cabinet ministers survived a vote of no confidence in parliament over the weekend, Reuters reported.

金曜日に発表された米国の雇用データは予想をはるかに下回り、8月の経済はわずか235,000人のポジションを追加しました。ダウジョーンズが調査したエコノミストは、72万人の新入社員を探していました。

一方、失業率は推定通り5.4%から5.2%に低下した。

「私たちの見解では、労働市場の回復の後退と深刻なcovid感染の急増により、FOMCは毎月の資産購入を減らすと発表するまで待つようになります。オーストラリア連邦公開市場委員会のアナリストは月曜日のメモで、FOMCが11月3日の会議で毎月の資産購入の100億ドルのテーパーを発表することを期待しています。

米国市場は、月曜日のレイバーデーの休日のため休業しています。

 

 

「明日の米国市場がどうなるか」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

ビットコインは今週51,000ドルに上昇

ビットコインは今週51,000ドルに上昇し、5月以来の最高値を更新しています。

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・金曜日のビットコインの価格は51,000ドルを超え、5月中旬以来の最高水準に達しました。

 

・投資家は、ビットコインの動きは金曜日のオプション満了で数億ドルと一致したと言います。

 

On Friday, bitcoin rose as high as $51,026.24 at one point, hitting its highest level since May 14, according to Coin Metrics. It broke past $50,000 two weeks ago and has traded slightly below that line since, but analysts have said it still has room to run.

Coin Metricsによると、金曜日のビットコインは一時は51,026.24ドルまで上昇し、5月14日以来の最高水準に達しました。2週間前に50,000ドルを超え、それ以来そのラインをわずかに下回って取引されていますが、アナリストはまだ実行の余地があると述べています。

 

Ether rose to $4,025.75, its highest level since May 15. The price movement came amid a surge of interest in decentralized finance, or DeFi, applications and NFTs, or nonfungible tokens. Typically, the price of bitcoin has led other crypto assets whose trades tend to move with bitcoin’s, but investors say that wasn’t the case this week.

Etherは5月15日以来の最高水準である4,025.75ドルに上昇しました。価格の動きは、分散型ファイナンス、DeFi、アプリケーションとNFT、または非代替トークンへの関心の高まりの中で起こりました。通常、ビットコインの価格は、取引がビットコインと一緒に動く傾向がある他の暗号資産をリードしていますが、投資家は今週はそうではなかったと言います。

 

“Many institutions that have had interest in bitcoin have moved on to eth as the ‘next hot thing,’ and the second largest market cap asset,” said Jesse Proudman, co-founder and CEO of robo-advisor Makara. “Additionally, most institutional players understand that many of these NFTs are being built on Ethereum, and it is an indirect way to get exposure to the fastest-growing segment of the market.”

ロボアドバイザーのマカラの共同創設者兼最高経営責任者であるジェシー・プラウドマンは、次のように述べています。「さらに、ほとんどの機関投資家は、これらのNFTの多くがイーサリアム上に構築されていることを理解しています。これは、市場で最も急成長しているセグメントに触れるための間接的な方法です。」

 

「年末に向けて上昇余地あり」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

雇用者数レポートの失望の後は?

失望を生んだ雇用者数の報告の後、株価は控えめな推移で週を終えました—5人の専門家による見解です。

www.cnbc.com

 

Stocks looked to enter the long weekend on a dour note after a disappointing August jobs report.

Nonfarm payrolls rose by 235,000 last month, less than half the gain of 720,000 expected. Economists had forecast employment data to match previous months of robust recovery, but delta variant concerns and labor supply issues weighed on the economy.

株式は、失望した8月の雇用報告の後、厳しい週末に入るように見えた。

非農業部門雇用者数は先月235,000増加し、予想される720,000の増加の半分未満でした。エコノミストは、雇用データが前月の力強い回復と一致すると予測していましたが、デルタバリアントの懸念と労働供給の問題が経済に重くのしかかっていました。

 

“We just don’t have supply of the workers. We don’t have supply whether it’s in the supply chain, inventories across a variety of different industries. This is something that companies have been talking about consistently over the course of the summer. They talked about it during earnings calls ... And there does really seem to be a limitation or at least a headwind to progression in economic growth due to supply-side constraints. If it was demand side, I think I would be more worried and more concerned about how the equity market would interpret it.”

私たちには労働者の供給がありません。サプライチェーンにあるかどうか、さまざまな業界の在庫があるかどうかにかかわらず、私たちは供給を持っていません。これは、企業が夏の間一貫して話していることです。彼らは収益の呼びかけの中でそれについて話しました...そして、供給側の制約のために、経済成長の進展には本当に制限があるか、少なくとも逆風があるようです。もしそれが需要側だったら、私は株式市場がそれをどのように解釈するかについてもっと心配し、もっと心配するだろうと思います。」

 

“I think that number is very sad in terms of the real economy, but in some ways it makes for a field day for Fed watchers because now the focus will be on the buildup not just to the Sept. 22 announcement as to whether the Fed will begin tapering, it could be now Nov. 3 or Dec. 15. If we are seeing people not going back to work despite all of the ‘Help Wanted’ signs everyone is seeing in so many shops and restaurants and service industries, if we’re not seeing that, how can the solution be for the Fed to buy more Treasury securities, more agency mortgage-backed securities? I just don’t understand how the Fed can justify its prolonged monetary accommodation. It’s just more cowbell. It’s always the solution.”

「実体経済の観点からは非常に悲しい数字だと思いますが、FRBが9月22日の発表だけでなく、FRBの動きに焦点が当てられるため、FRBのウォッチャーにとってはある意味で"運動会"になります。テーパリングは11月3日か12月15日になる可能性があります。FRBがより多くの財務省証券、より多くの機関投資家向け住宅ローン担保証券を購入するための解決策はどのようにあるのでしょうか。私は、FRBが長期にわたる金融緩和をどのように正当化できるのか理解していません。それは常に解決策です。」

 

“Unfortunately, we’re seeing a huge deceleration globally as well. We’ve seen really weak numbers come out of China recently, the delta variant is hitting economies that escaped other waves, and I think that’s very important to take into context. That hurts the supply chain disruptions that we’ve seen erupt out there but it also hurts demand. The labor supply issue goes so much deeper. This is both a collision of supply and demand, but demand has slackened. That really has to be underscored. We are looking at GDP growth below 4% in the third quarter now. That is a major slowdown in momentum ... We see child care issues, child care hiring at child care services actually fell again for the second consecutive month, and we saw participation rate among some of those that are single mothers that are the most vulnerable to this still weak, and they are the ones that are going to be not able to return until their kids can stay in school. And the fact that many schools are going back into quarantine after they open, that further mucks up this idea that we had that the labor supply would be there much more readily as we reopen schools, and I think that’s another issue.”

「残念ながら、世界的にも大幅な減速が見られます。最近、中国からは非常に弱い数字が出てきており、デルタバリアントは他の波を逃れた経済に打撃を与えています。これをコンテキストに入れることは非常に重要だと思います。それは、私たちが目にしたサプライチェーンの混乱を傷つけますが、需要も傷つけます。労働供給の問題は非常に深くなります。これは需要と供給の衝突ですが、需要は伸び悩んでいます。それは本当に強調する必要があります。現在、第3四半期のGDP成長率は4%未満と見ています。それは勢いの大きな鈍化です...私たちは育児の問題を見て、育児サービスでの育児雇用は実際に2ヶ月連続で再び減少しました、そして最も脆弱なシングルマザーである人々の間で参加率を見ましたこれにはまだ弱い、そして、彼らは子供たちが学校にとどまることができるまで戻ることができないだろうものです。そして、多くの学校が開校後に検疫に戻っているという事実は、私たちが学校を再開するにつれて労働力の供給がはるかに容易になるというこの考えをさらに覆します。それは別の問題だと思います。」

 

“Over the last two years, if you look at the wages of production nonsupervisory workers, they are up 9.9% over a two-year period; that is the strongest we’ve seen in 40 years. And what it says is that for various reasons, there just isn’t labor supply in America right now. We’ve got 10.1 million job openings, half the small businesses in America have jobs they can’t fill, so this is really a labor supply constraint, it’s a supply constrained economy. I do think the delta variant is going to have a significant impact in September, more so actually than in the August report because I think it sort of gathered pace over the course of the month. So you’ve got a slower growing economy, you probably still have higher interest rates because you’ve still got higher inflation; that’s going to be challenging for the equity market. And so I think it’s very important to buy things that are well priced here that don’t have huge P/E ratios, huge multiples, because those things will be challenged in a global economy which is growing more slowly with higher inflation and interest rates.”

過去2年間で、生産非監督労働者の賃金を見ると、2年間で9.9%上昇しています。それは私たちが40年で見た中で最強です。そして、それが言っていることは、さまざまな理由で、現在アメリカには労働力の供給がないということです。私たちは1010万人の求人を持っており、アメリカの中小企業の半数は彼らが満たすことができない仕事を持っているので、これは本当に労働供給の制約であり、それは供給制約のある経済です。デルタバリアントは9月に大きな影響を与えると思いますが、実際には8月のレポートよりも、1か月の間にペースが上がったと思います。ですから、経済成長が遅いのですが、インフレ率がまだ高いので、おそらく金利はまだ高いでしょう。それは株式市場にとって挑戦的なことになるでしょう。

 

 

「DX進めて労働者不足を補うしかない」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

【巨匠】スティグリッツ氏の米国経済論議

ジョセフ・スティグリッツ氏は、米国経済を再配線する時が来たと述べています。

www.cnbc.【】

 

<キーポイント>

・米国のエコノミスト、ジョセフ・スティグリッツ氏はCNBCに、コロナウイルスのパンデミックが経済システムがどのように機能していないかを浮き彫りにしたと語った。


・世界銀行の元チーフエコノミストは、多くの既存の問題は関連しているため、同時に取り組むことができると楽観視していると述べた。


・7月には、130か国が15%の世界最低法人税率を支持し、スティグリッツ氏は、この動きは底辺への競争を終わらせたと述べました。

 

The U.S. should, for example, invest in building “green” infrastructure that creates jobs and helps bring down inequality, Stiglitz said. “Once you put your mind to it, you realize that we can attack two or three of these problems simultaneously,” the 78-year-old said, adding that the U.S. has the labor and the capital.

Stiglitz said it would be “healthy” for the U.S. economy to raise taxes “a little bit” to finance “some of the things we need for the common good.”

たとえば、米国は、雇用を創出し、不平等を解消するのに役立つ「グリーン」インフラストラクチャの構築に投資する必要があるとスティグリッツ氏は述べています。「気をつければ、これらの問題の2つまたは3つを同時に攻撃できることに気付くでしょう」と78歳の女性は言い、米国には労働力と資本があると付け加えました。

スティグリッツ氏は、米国経済が「公益のために必要なもののいくつか」に資金を提供するために「少し」増税することは「健康的」だと述べた。

 

He said there’s a growing consensus that the U.S. needs to change outdated laws that have been in place for 125 years and address excessive market power across the whole of America. “The concentration of market power has increased enormously in the last 35 years” he said.

Overregulation and overtaxing won’t see the West lose its competitive edge to emerging powers and China, according to Stiglitz. “I’m actually quite confident that this new agenda will actually strengthen us,” he said.

Competition makes market economies more innovative, while monopolies reduce innovation, Stiglitz said. “We’ve seen how the big giants actually squash innovation,” he said.

彼は、米国が125年間施行されてきた時代遅れの法律を変更し、米国全体の過剰な市場支配力に対処する必要があるというコンセンサスが高まっていると述べた。「市場支配力の集中は過去35年間で非常に増加しました」と彼は言いました。

スティグリッツによれば、過剰規制と過剰課税は、西側が新興国と中国に対する競争力を失うことはないだろう。「私は実際、この新しいアジェンダが実際に私たちを強化することを確信しています」と彼は言いました。

スティグリッツ氏によると、競争は市場経済をより革新的にし、独占は革新を減らす。「私たちは、大きな巨人が実際にイノベーションを押しつぶす方法を見てきました」と彼は言いました。

 

 

「GAFA批判ってことね」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

欧州中央銀行のテーパリング協議

アナリストによると、欧州中央銀行は12月にテーパリングを発表予定です。

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・ECBは9月9日に会合を開きますが、アナリストは、中央銀行がCovid関連の措置について何をするかを発表する前にさらに数か月待つと考えています。


・野村の欧州エコノミスト、キアラ・ザンガレッリ氏は、新たな予測を発表することに加えて、ECBは今後数か月のパンデミックで何が起こるかを見たいと述べた。


・ユーロ圏の経済状況は、すべてのCovid制限の解除を回避するために、高い予防接種率と全体的な慎重さの恩恵を受けています。

 

In the United States, the Federal Reserve has already signaled it is likely to start tapering before the end of the year. Chairman Jerome Powell said last week that the U.S. economy is at a point where it does not need as much policy support as had been the case in the wake of the pandemic, though the pace at which asset purchases will be reduced is yet to be decided.

And in the euro zone, a similar announcement could be just around the corner.

米国では、連邦準備制度理事会は、年末までに漸減を開始する可能性が高いことをすでに示しています。ジェローム・パウエル会長は先週、パンデミック後のように米国経済は政策支援を必要としない段階にあると述べたが、資産購入のペースはまだ決まっていない。 

そしてユーロ圏では、同様の発表が間近に迫っている可能性があります。

 

Preliminary data released Tuesday suggested the euro area experienced its highest inflation rate in a decade in August at 3% off the back of high vaccination rates and an easing of Covid restrictions in the region.

The ECB had said it was expecting a surge in consumer prices this year, though due to temporary factors. The central bank’s aim is to achieve a 2% headline inflation rate over the medium term. If higher inflation rates were to persist, this would add pressure on the ECB to revert its stimulus at a faster pace.

火曜日に発表された予備データは、ユーロ地域が8月の10年間で最高のインフレ率を経験し、高いワクチン接種率と地域のCovid規制の緩和を背景に3%であることを示唆しました。

ECBは、一時的な要因によるものの、今年は消費者価格の高騰を予想していると述べていました。中央銀行の目標は、中期的に2%のヘッドラインインフレ率を達成することです。より高いインフレ率が続くとすれば、これはECBに圧力を加え、より速いペースで刺激を元に戻すでしょう。

 

When the pandemic hit the euro zone in March of 2020, the ECB also kept its asset purchase program, known as APP, which has a current monthly pace of 20 billion euros. The central bank has been using this program in combination with PEPP to sustain the 19-member economy.

Salomon Fiedler, economist at Berenberg, told CNBC on Wednesday that the APP will probably last until 2023 and then a potential first-rate hike could take place in the fourth quarter of that year.

But, in the meantime, Zangarelli, from Nomura, said that the APP is likely to be extended in size once PEPP comes to an end. She expects these details to also be unveiled at the December meeting.

2020年3月にパンデミックがユーロ圏を襲ったとき、ECBはAPPとして知られる資産購入プログラムも維持しました。これは、現在の月間ペースが200億ユーロです。中央銀行はこのプログラムをPEPPと組み合わせて使用​​し、19人の加盟国の経済を維持しています。

ベレンベルクのエコノミスト、サロモン・フィードラー氏は水曜日にCNBCに、APPはおそらく2023年まで続き、その後、その年の第4四半期に一流の引き上げが行われる可能性があると語った。

しかし、その間、野村のザンガレッリ氏は、PEPPが終了するとAPPのサイズが拡大する可能性があると述べた。 彼女は、これらの詳細が12月の会議でも発表されることを期待しています。

 

“Regardless of when PEPP might end, that’s not the end of the ECB’s role in terms of QE. This is why we don’t need a huge lead time to think about it. Of course, we can’t leave it too late either. But six months is quite a lot of time. In the autumn, we’ll have to work through a lot of issues relating to what 2022 should look like,” he told Reuters.

「PEPPがいつ終了するかに関わらず、それはQEに関するECBの役割の終わりではありません。これが、私たちがそれについて考えるのに大きなリードタイムを必要としない理由です。もちろん、遅すぎることもありません。しかし、6か月はかなりの時間です。秋には、2022年がどのように見えるべきかに関する多くの問題に取り組む必要があります」と彼はロイターに語った。

 

 

「まだQE継続ってことね」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

ワクチンは効果的なのか

www.cnbc.com

 

<キーポイント>

・専門家によると、Covid-19ワクチンは、免疫力が時間とともに低下する恐れがあるにもかかわらず、依然として「驚くほど効果的」です。


・最近の多くの研究で、完全にワクチン接種された人々の間で「画期的な」Covid症例の数が増加していることが示された後、Covid-19ワクチンの有効性についていくつかの懸念がありました。


・研究によると、完全にワクチン接種されたものは、ウイルスによって引き起こされる重度の感染、入院、および死亡から依然として高度に保護されています。

 

a U.K. study of more than one million fully vaccinated people found that protection from both the Oxford-AstraZeneca and the Pfizer-BioNTech vaccines faded over time. A month after receiving a second dose of the Pfizer vaccine, protection against the virus stood at 88%, the analysis showed. After five to six months, that protection fell to 74%.

Protection stood at 77% a month after being fully vaccinated with the Oxford-AstraZeneca vaccine, and fell to 67% after four to five months.

8月には、100万人以上の完全ワクチン接種を受けた人々を対象とした英国の研究で、オックスフォード-アストラゼネカワクチンとファイザー-バイオエヌテックワクチンの両方からの保護が時間の経過とともに薄れていくことがわかりました。ファイザーワクチンの2回目の接種から1か月後、ウイルスに対する防御力は88%であった、と分析は示しました。5〜6か月後、その保護は74%に低下しました。

オックスフォード-アストラゼネカワクチンを完全に接種した後、保護は月に77%でしたが、4〜5か月後には67%に低下しました。

 

According to Gideon Schreiber, a professor at Israel’s Weizmann Institute of Science, booster shots may become a necessity.

“Unfortunately, it’s not even [going to be] annually, it will be twice annually,” he predicted. “The virus has a huge potential for new variants, many which will work to silence immunity — so there’s a chance that we’ll need further boosters in the future.”

「残念ながら、それは毎年ではなく、年に2回になるでしょう」と彼は予測しました。「このウイルスには新しい亜種の大きな可能性があり、その多くは免疫を沈黙させる働きをします。そのため、将来さらにブースターが必要になる可能性があります。」

 

“Despite very [intense] research, it’s very challenging to find effective treatments — viruses are not bacteria. So while we’ve developed good antibiotics that have dramatically changed the course of bacterial infection, we do not have such good antivirals for many of the viruses that infect humans.”

「非常に[集中的な]研究にもかかわらず、効果的な治療法を見つけることは非常に困難です。ウイルスはバクテリアではありません。したがって、細菌感染の過程を劇的に変えた優れた抗生物質を開発しましたが、人間に感染する多くのウイルスに対してそのような優れた抗ウイルス剤はありません。」

 

“The virus keeps mutating — new variants will come, but the speed of technological advances is really amazing. So I say there’s no reason to despair.”

「ウイルスは変異し続けています。新しい亜種が登場しますが、技術の進歩のスピードは本当に驚くべきものです。だから私は絶望する理由はないと言います。」

 

 

「ワクチン漬けは勘弁」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村