バイリンガルMBAマンの投資ブログ

人生あがってしまったMBAマンです。株式投資、経済、MBA関連、時事ネタなど、ゆるーく追っていきます。

MENU

【絶好調】来るかインド株

コロナウイルスの大流行に苦しんでいるインドですが、5月にアジアでトップの株式市場の1つとして浮上しているようです。

 

www.cnbc.com

 

<KEY POINT>

・国が壊滅的なCovid-19の流行と戦っているにもかかわらず、5月のインド株は高かった. Nifty 50は6.5%上昇し、BSE Sensexは6.47%上昇した.


・ベトナムは 5 月にアジア太平洋地域で最も業績の良い市場であり、VN 指数は 7.15% 上昇しました。


・他の場所では、国内感染の増加により規制が強化されたことを受けて、5 月に台湾の株式が暴落しました。

 

India stocks were among Asia-Pacific’s top-performing markets in May, even as the country continues to grapple with tens of thousands of new cases every day.

インドは、毎日数万件の新規感染者と格闘し続けているにもかかわらず、5 月にアジア太平洋地域で最高のパフォーマンスを示した市場の 1 つでした。

 

“The old phrase ‘go away and sell in May’ wasn’t true — at least for this month,” said Tuan Huynh, who is chief investment officer for Europe and Asia-Pacific at Deutsche Bank International Private Bank. “In the Indian case, I think it is relatively surprising.”

「『5月に立ち去り、5月に売却する』という古い言い回しは真実ではありませんでした。少なくとも今月はそうでした」と語った。「インドの場合は、比較的驚くべきことだと思います。」

 

U.S. investment bank Goldman Sachs is “overweight” on India, and expects stocks there to outperform.

米国の投資銀行ゴールドマン・サックスはインドを「オーバーウエイト」しており、インドの株式がアウトパフォームすると予想しています。

 

“Markets tend to, as they say, live in the future and not in the present,” Timothy Moe, co-head of Asia macro research and chief Asia-Pacific equity strategist at Goldman Sachs, told CNBC last week.

 

He pointed out that there’s a “very concerning humanitarian crisis” in terms of a Covid surge in India. However, “the market is basically looking through that and expecting the rate of infections to come down, which indeed has taken place.”

「市場は、彼らが言うように、現在ではなく未来​​に生きる傾向がある.」

彼は、インドでのCovidの急増に関して、「非常に懸念される人道的危機」があると指摘しました。しかし、「市場は基本的にそれを見通しており、感染率が下が​​ることを期待しています。実際にそれが起こっています。」

 

 

 

「インド市場は間違いない。長期投資をコツコツと。」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

【6月4日】来る5月雇用統計

5月の雇用統計が来週に迫っています。

株価がしばしば下落する 6 月に入るため、5 月の雇用統計は来週の大きなイベントです。

www.cnbc.com

 

<KEY POINT>

・5 月の雇用統計は、先月の 266,000 人の雇用者数が期待外れだった後、674,000 人の雇用が予想され、今後 1 週間の市場に大きく迫っています。


・Bespoke によると、6 月は弱い可能性があり、過去 20 年間でダウは平均 0.7% 下落しました。


・予想を上回る別のインフレ報告が金曜日に発表された後、来週は主に経済とFRBに焦点が当てられるだろう.

 

The economy is front and center in the coming week with the important ISM readings on manufacturing and services sector activity, but the most important measure will be Friday’s jobs report. According to Dow Jones, economists expect Friday’s employment report to show the creation of about 674,000 jobs in May, after the disappointing 266,000 jobs added in April. That was about a quarter of what economists had expected.

製造業とサービス業の活動に関する重要な ISM の測定値で、来週の中心となりますが、最も重要な測定値は、金曜日の雇用レポートです。ダウ・ジョーンズによると、エコノミストは、4 月に 266,000 の雇用が追加されたが、5 月には約 674,000 の雇用が創出されたと金曜の雇用報告が示すと予想している。これは、エコノミストの予想の約 4 分の 1 でした。

 

“You know if we have two months in a row of not delivering on the jobs expectations, the market is going to get nervous,” said George Goncalves, head of U.S. macro strategy at MUFG. “Hopefully, we beat it and then that creates a positive buzz, and we go into the Fed meeting and then we’re, ‘Hey, the economy is still on track.’”

MUFGの米国マクロ戦略責任者、ジョージ・ゴンカルベス氏は「2カ月連続で期待に応えられない場合、市場は神経質になるだろう」と語った。「うまくいけば、我々はそれを打ち破り、それはポジティブな話題を生み出し、我々はFRBの会議に参加して、「やあ、経済はまだ軌道に乗っている」と言う.」

 

The Fed meets June 15-16, and already market pros are anticipating it will be the most important event of the month. Fed officials have emphasized that they will keep policy easy as they watch to see signs that the economy is really healing. They also contend that higher inflation readings are temporary, since the data is being compared with a weak period last year.

FRB は 6 月 15 日から 16 日まで会合を開き、すでに市場の専門家は、それが今月の最も重要なイベントになると予想しています。FRB当局者は、経済が本当に回復している兆候を見て、政策を緩和し続けると強調している. 彼らはまた、データが昨年の低迷期と比較されているため、インフレ率の上昇は一時的なものであると主張しています。

 

Key for the markets is whether the Fed begins to believe that inflation is higher than it expected or that the economy is strengthening enough to progress without so much monetary support. Fed officials have said they would consider discussing tapering back on their quantitative easing bond purchase program if they see signs of improvement, and that would be a first step toward interest rate hikes, not expected until at least 2023.

市場にとって鍵となるのは、FRBがインフレ率が予想よりも高いと信じ始めるか、それともそれほど多くの金融支援がなくても経済が十分に強化されていると信じ始めるかどうかです。FRB当局者は、改善の兆しが見られれば、量的緩和債購入プログラムの縮小について議論することを検討すると述べており、それは少なくとも2023年までは予想されていない、金利引き上げへの第一歩になるだろう.

 

The Fed has said it would tolerate an average range of inflation around its 2% target until it sees inflation sticking at a higher level. Inflation has been running mostly below 2%, prior to the latest numbers.

FRBは、インフレ率がさらに高い水準にとどまるのを確認するまで、2%の目標を中心とした平均的なインフレ率を許容すると述べている。最新の数値が発表される前は、インフレはほぼ 2% 未満で推移しています。

 

 

「市場予想を上回るか否か」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

【バカンス】アメリカ人観光客の回帰

EUでは、アメリカ人観光客の受け入れ準備を整えているようです。

 

www.cnbc.com

They have a reputation for being loud and obnoxious, but as Europe looks set to reopen its borders to foreign visitors in time for the summer travel season, it’s hoping American tourists will make a comeback.

彼らは騒々しく不快なことで評判ですが、 ヨーロッパ は夏の旅行シーズンに間に合うように外国人観光客に対して国境を再開する予定であるため、アメリカ人観光客が戻ってくることを望んでいます.

 

The European Union signaled last week that it will ease restrictions for vaccinated travelers from outside the bloc, including the United States. The E.U. shut its borders last year in a bid to stop Covid-19 from spreading, but many member states that are heavily reliant on tourism are desperate for foreign travelers to return.

欧州連合は 先週、米国を含むブロック外からのワクチン接種旅行者の制限を緩和することを通知しました。EUは昨年、Covid-19の 蔓延を防ぐために国境を閉鎖しまし たが、観光に大きく依存している多くの加盟国は、外国人旅行者の帰国を切望しています。

 

“Greece is offering what people need,” Greek Tourism Minister Harry Theoharis tweeted as the country reopened May 15. “Calm and care-free moments on the road towards normality.”

今月、 ギリシャ はヨーロッパで最初の主要な旅行先となり、完全に予防接種を受けているか、Covid-19の検査で陰性だった場合に隔離を要求せずに、外国人観光客 (その中にはアメリカ人) を迎え入れた.

 

One of them, Instagram-famous Santorini on the Aegean Sea, is a tourist trap for Americans. They make up 60 percent of the customer base for Canaves Oia, a small chain of luxury hotels overlooking the endless blue sea and whitewashed houses.

Asked how much he misses having Americans around, Managing Director Markos Chaidemenos told NBC News, smiling: “You have no idea.”

Americans have already started booking — “big time,” he said, reserving rooms well in advance for later this summer.

その 1 つである、インスタグラムで有名なエーゲ海のサントリーニ島は、アメリカ人にとって観光客の罠です。彼らは、果てしなく続く青い海と白塗りの家を見渡す高級ホテルの小さなチェーン、Canaves Oia の顧客ベースの 60% を占めています。

アメリカ人がいるのがどれほど寂しいかと問われたマルコス・チャイデメノス氏は、NBCニュースに微笑みながらこう語った。

アメリカ人はすでに予約を開始しており、「かなりの時期」と彼は言い、今年の夏の終わりに向けてかなり前から部屋を予約している.

 

Germany, where Americans represent the largest overseas tourism market, has been cautious with the easing of lockdown measures, with its 16 states slowly lifting some restrictions only in the past week.

Some museums are reopening with restrictions, and cafes and restaurants are starting to reopen for outdoor dining in its hip, urban capital, Berlin, where Americans are the most frequent foreign visitors after Britons.

アメリカ人が最大の海外観光市場を代表するドイツは、封鎖措置の緩和に慎重であり、16の州がこの1週間だけ徐々にいくつかの制限を解除しました.

いくつかの美術館は制限付きで再開し、カフェやレストランはおしゃれな都市の首都ベルリンで屋外での食事のために再開し始めてい ます。

 

The way Americans who decide to go to Europe this summer will travel is also likely to change, he said. He expects Americans to stay put in one location to minimize their movement, instead of visiting several European countries in one visit.

この夏にヨーロッパに行くことを決めたアメリカ人の旅行の仕方も変わる可能性が高いと彼は言った. 彼は、アメリカ人が一度の訪問でいくつかのヨーロッパ諸国を訪問するのではなく、移動を最小限に抑えるために、1 つの場所にとどまることを期待しています。

 

Earlier this month, Italian Prime Minister Mario Draghi told the world “the time has come to book your holidays in Italy.”

The country has also expanded so-called “Covid-19 free” flights to and from some cities in the U.S., which allow travelers to skip quarantine if they test negative before and after they get on the plane.

今月初め、イタリアのマリオ・ドラギ首相は、「イタリアでの休暇を予約する時が来た」と世界に向けて語った。

国はまた、米国のいくつかの都市との間のいわゆる「Covid-19無料」便を拡大しており、旅行者は飛行機に乗る前後に陰性の結果が出た場合、検疫をスキップできます。

 

Despite the E.U. move to ease restrictions on foreign travel, they remain pessimistic about this summer’s prospects.

“It’s too late to announce that France and Europe are open for tourism this summer,” Georges, 68, said.

“It’s almost June, and I highly doubt lots of Americans will book a flight and hotel to Paris on such short notice. Tourism just doesn’t work like that,” he said.

“No one is expecting business as usual this year.”

EU は海外旅行の制限を緩和する動きを見せていますが、今年の夏の見通しについては悲観的です。

「フランスとヨーロッパが今年の夏に観光に開放されていると発表するのは遅すぎます」とジョルジュさん(68)は言った.

「もうすぐ6月ですが、多くのアメリカ人がパリ行きの飛行機とホテルをこんなに短い通知で予約するとはとても思えません。観光はそのようには機能しません」と彼は言いました。

「今年は通常通りのビジネスを期待している者はいない」

 

 

 

「旅行業界への投資は今からでも遅くはない」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

【再燃】コロナウイルスの起源調査 -政治によって毒されている-

www.cnbc.com

 

<KEY POINT>

・WHOの高官は金曜日、Covid-19の起源に関する調査は「政治に毒されている」と述べた。


・WHOは、中国政府がCovid-19の起源に関する徹底的な調査を回避することを許可したとして、繰り返し非難されてきました。


・米国の保健当局は、このウイルスは人獣共通感染症または動物起源の可能性が高いと主張し続けています。

 

U.S. President Joe Biden announced Wednesday that he’s ordered intelligence agencies to conduct “a report on their most up-to-date analysis of the origins of Covid-19, including whether it emerged from human contact with an infected animal or from a laboratory accident.”

ジョー・バイデン米国大統領は水曜日、諜報機関に「Covid-19の起源に関する最新の分析に関する報告書を作成するよう命じたと発表しました。これには、感染した動物との人間の接触によるものか、実験室での事故によるものなのかを含みます。 」

 

The WHO has come under increasing pressure in recent days from U.S. and European officials to take another look at whether the coronavirus could have escaped from a lab in Wuhan, China, after a previously undisclosed U.S. intelligence report came to light

WHOはここ数日、米国と欧州の当局者から、これまで公表されていなかった米国の諜報報告書が明るみに出た後、中国の武漢にある研究所からコロナウイルスが逃げた可能性があるかどうかを再検討するようにとの圧力にさらされている。

 

The hypothesis that Covid-19 came from a Wuhan virology lab was initially dismissed as a right-wing conspiracy theory, but it’s been gaining traction in recent weeks.

The majority of the intelligence community believes that it is equally plausible that the virus originated in a lab and in an animal. Federal health officials continue to maintain their position that it is more likely that the virus has zoonotic origins. The CDC’s website still states “we know that it originally came from an animal, likely a bat.”

Covid-19が武漢ウイルス研究所から来たという仮説は、当初は右翼の陰謀説として却下されていたが、ここ数週間で勢いを増している.

インテリジェンスコミュニティの大多数は、ウイルスが実験室と動物で発生したことも同様にもっともらしいと考えています。連邦保健当局は、ウイルスが人獣共通感染症に由来する可能性が高いという立場を維持し続けています。CDC の Web サイトには、「もともとは動物、おそらくコウモリに由来することがわかっています」と今でも述べられています.

 

 日本語関連記事

英情報機関も研究所流出説 コロナ起源、中国と摩擦も:時事ドットコム

 

「うやむや」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

ジムクレイマー:Investors must not rush to judgment

決算報告を見て、First blush(一見して)で判断してはいけないと述べています。

www.cnbc.com

 

<KEY POINT>

・投資家は株式を売買する前に、四半期ごとの収益やその他の企業の見出しについて、簡単な判断を下さないようにする必要があるという。


・スノーフレークの財務結果に対する最初の否定的な反応は、数字を慎重に消化することが重要である理由を示していると述べました。

 

“Just like anything else when you rush to judgment in the stock market, you’re going to make mistakes. That’s why you can’t rely on the first blush to determine how a company is doing.”

「株式市場で急いで判断を下すときは、他のことと同じように、間違いを犯します。そのため、会社の業績を判断するために最初の判断に頼ることはできません。」

 

Cramer pointed to Wednesday’s earnings report from Snowflake as an example. Shares of the data-analytics software firm tumbled as much as 8% in extended trading, before trimming those losses.

クレイマーは、例としてスノーフレークの水曜日の収益報告を指摘しました。データ分析ソフトウェア会社の株式は、これらの損失を削減する前に、8%も下落しました。

 

“If you bothered to listen to CEO Frank Slootman on last night’s show, you would’ve been a buyer, not a seller, because it was a brilliant quarter,” Cramer said, noting that Snowflake shares ultimately rose more than 4% Thursday after starting the session lower.

“The second blush,” Cramer said, proved to be “much more accurate.”

「昨夜のショーでCEOのフランク・スロートマンの話を聞くのが面倒だったとしたら、それは素晴らしい四半期だったので、売り手ではなく買い手だったでしょう」

「2回目の判断が、はるかに正確」であることが証明されました。

 

 

 

「とりあえず今は押し目買い」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

【Alphabet】Google Cloudの新しいヘルスケアベンチャー

Google Cloudの新しいヘルスケアベンチャーによって、Alphabetが買い推奨されています。

www.cnbc.com

 

<KEY POINT>

・Google Cloudのヘルスケアへの最新の進出は、親会社Alphabetの株式にとってプラスであると語った。


・「グーグルは年間で36%上昇しているが、実行する余地はもっとたくさんあると思う」

 

CNBC’s Jim Cramer expressed optimism Wednesday toward Google’s new health-care venture with hospital chain HCA Healthcare, heralding the deal as the latest positive catalyst for shares of the technology giant.

CNBCのジムクレイマーは水曜日、病院チェーンのHCAヘルスケアとのグーグルの新しいヘルスケアベンチャーに対して楽観的な見方を示し、テクノロジーの巨人の株式に対する最新の前向きな触媒としての取引を予告した。

 

Under the partnership with HCA Healthcare, Alphabet’s Google Cloud will work to develop algorithms based on patient records from the Tennessee-based provider that attempt to improve efficiency and patient outcomes.

AlphabetのGoogleCloudは、HCA Healthcareとのパートナーシップの下で、テネシーを拠点とするプロバイダーからの患者記録に基づいて、効率と診断を改善しようとするアルゴリズムの開発に取り組みます。

 

“I have been waiting for Google to do something big in health care besides partnering with Dexcom for diabetes analytics. I’ve been waiting for years. I think this is it,” Cramer said.

「私は、糖尿病分析のためにDexcomと提携する以外に、Googleがヘルスケアで何か大きなことをするのを待っていました。私は何年も待っていました。これだと思う」とクレイマーは語った。

 

Cramer acknowledged that previous attempts to disrupt patient care using artificial intelligence, such as one from IBM’s Watson, haven’t lived up to grand ambitions. However, he said he believes Google’s foray could be more successful, in part, because the company is working so closely with a health-care provider.

Cramerは、IBMのWatsonのような人工知能を使用して患者のケアを妨害する以前の試みは、壮大な野心に応えていなかったことを認めました。しかし、彼は、グーグルがヘルスケアプロバイダーと非常に緊密に協力していることもあって、グーグルの進出はもっと成功する可能性があると彼は信じていると述べた。

 

harnessing them in any way that generates more empirical data and diminishes reliance on anecdotal evidence would help patients, he added.

“That’s what Google’s doing with this program. If it works, it is a gigantic deal,” Cramer said.

より経験的なデータを生成し、事例証拠への依存を減らすような方法でそれらを利用することは、患者を助けるだろうと彼は付け加えた。

「それがGoogleがこのプログラムで行っていることです。それがうまくいけば、それは巨大な取引だ」とクレイマー氏は語った。

 

 

 

 

「医者は戦々恐々」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

【買い場】Keep buying dips in the stock market

今後の経済活動再開による強気相場を見据え、押し目買い(Buy dip)の推奨です。

 

www.cnbc.com

 

<KEY POINT>

・投資家は株式市場の引き戻しを購入することを検討すべきだと述べた。


・株式市場は周期的に動いています。一度にこれだけ多くの値動きをしていると、平均的な傾向としては、かなりの回復力を秘めていると思います。

 

CNBC’s Jim Cramer said Tuesday, suggesting there’s a range of positive catalysts that will propel stocks higher.

投資家は短期的には市場の後退を利用するべきだと述べ、株価を押し上げるさまざまな前向きな触媒があることを示唆した。

 

While he said the Federal Reserve will eventually adjust its highly accommodative monetary policy, Cramer contended there is a “stampede of smaller bull cases” to support the market until central bank action is a more imminent threat.

連邦準備制度理事会は、最終的に非常に緩和的な金融政策を調整すると述べたが、クレイマーは中央銀行の行動がより差し迫った脅威になるまで、市場を支援するための「小さな強気相場の到来」であると主張した。

 

 Chief among them is the robust reopening of the economy this summer as Covid vaccinations allow for more activity, Cramer said. In addition to seeing more upside in cruise and casino stocks, Cramer expressed optimism around theme-park operators such as Disney and Cedar Fair.

 クレイマー氏によると、その中で最も重要なのは、コビッドワクチン接種がより多くの活動を可能にするため、今年の夏の経済の力強い再開です。Cramerは、クルーズやカジノの株がさらに好転することに加えて、DisneyやCedarFairなどのテーマパーク運営会社について楽観的な見方を示しました。

 

Mall operators like Simon Property Group and their tenants such as L Brands and Gap have also bounced back stronger than most expected, Cramer said.

The booming economy also is lifting cyclical stocks from those in agriculture such as Deere to steel makers Nucor, Cleveland-Cliffs and United States Steel Corporation, according to Cramer. He added that the housing cycle still appears to be strong, benefiting stocks in the space such as Lennar.

“Then there’s the health insurance bull market,” Cramer said, pointing to UnitedHealth, Centene, Cigna, Humana and Aetna-parent CVS. “They are simply saying welcome aboard. They can be bought on any rare dip.”

Simon PropertyのようなモールオペレーターとL Brands and Gapのような彼らのテナントもまた、予想よりも強く跳ね返った、とクレイマーは言った。

好景気は、農業のような循環株の株価を押し上げている。Deere, Nucor, Cleveland-Cliffs and United States Steel Corporationが例だ。彼は、住宅サイクルは依然として強力であり、Lennarなどの宇宙事業の株に利益をもたらしているようだと付け加えた。

「それから、健康保険の強気相場があります」と、Cramerは、UnitedHealth、Centene、Cigna、Humana、およびAetnaが例だ。

「彼らは単に相場の波に乗ると言っているだけです。珍しい押し目買い機会があり、そこで購入できます。」

 

 

 

「保険事業は盲点だった」

1日1回応援お願いします☆彡


株式ランキング

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村